福岡WS “指導者向け”

ワナカムヨガスクール福岡WS “指導者向け”

ヴィジョンオブヨガと名付けられた
マスター・スダカー主催のティーチャートレーニングの
一日体験版のような福岡一日集中講座。

午前中はアートオブティーチング、
午後はヨガスートラon the mat。

「ヨガインストラクターの仕事とは?」
という、マスターの問いかけからクラスはスタートしました。

マスター・スダカーのクラスは、
生徒の質問よりもマスターからの問いかけの方が多いのが特徴です(笑)

いや、誤解のなきよう、彼が質問に答えてくれないのではなくて、
私達が質問しないだけなのだけど、、、

そして、彼の質問に、わたし自身も含めて、
WSの半数以上を占めるインストラクターの誰もが、答えに窮するばかり。

当たり前のことが言葉にできない、自分自身の言葉で表現できない。

人と接し、人に教える立場にありながら、こんな質問にも答えられない。
質問されて、初めて考える。

「ヨガマスターとは、正解を与える人のことではなく、
生徒を考えさせる人のことだ」という言葉通り、

マスターはいつも私達を混乱させ、自問させる。

ワナカムヨガスクール

既に内心は混乱したまま、
生徒さんからの要望でクラス内容はバックベンドとそ
の指導法に決定。

いあや、毎回マスター・スダカーの指導法には驚かされるけど、
今回も目からウロコ。

マスター・スダカーは「アサナでアサナは上達しない」と明言し、
アサナに向かう最適な練習方法を続けることが、アサナ上達の安全な早道と説く。

今回のバックベンドのクラスも、
一見まったくバックベンドに関係ないと思われる練習法の連続。

バッグベンドは腰から折って、とか、
今まで日本で常識として罷り通っていたことが、間違いだったことに気付かされる。

間違っていた、というのは、
上達しないどころか、身体を痛めるリスクもあるということ。

ワナカムヨガスクール

ちなみに、この練習方法、結構痛い。

マスターのWSにしては小規模だったせいか、
有難いことに、一人ずつお直しが入り、
インストラクターで溢れたスタジオ中で「ひぃっ!」と悲鳴をあがる。

「これは“痛み”じゃないんだ。
君達はこの感覚に対して言葉、形容詞を他に知らず、
すべて“痛い”でまとめてしまうけど、
本当は今まで持っていなかった“気付き”がその箇所に初めて来ただけのことなんだ」
と説明してくれる。

確かに、終わった後、数秒後に驚くくらい身体がスッキリしている、
軽い、その変化にまたまたびっくり。

そしてそうした目からウロコ、
一見後屈とは全然関係なさそうな練習方法の後のバックベンドで、
これまたスタジオ中から「ええ~!」と今度は驚きの嬌声があがる。

ここ2、3年で日本のヨガシーンに華やかに登場し、
あっという間にヨガフェスタやヨガスマイルが1時間で完売キャンセル待ち、
日本各地のWSも完売続き、という評判だけが独り歩きし、

なんだか胡散臭い、その人気っぷりでどうなのよ、
と訝しんでいる皆さん、ご自分で一度体験してみるべき。

アジアNo1と言われるその人気には、ちゃんとその裏付けがある。
その技術は確かだわ。

彼の言うところの正しい練習を続けたら、
確実に体が変化し、そして怪我のないヨガが楽しめるんだろうな、と実感した2時間半でした。

午後からは、座学、ヨーガスートラ。

何度目を通しても、どのWSに参加しても、
わかったようなわからないような、そんな難解なパタンジャリヨガスートラを、
インドの小話を織り交ぜて、わかりやすく解説してくれました。

マスターのWSに参加するまで、
実はわたしはヨガ哲学が苦手というか、座学のWSにまったく興味がなかったのですが、
マスターの哲学は本当にわかりやすいんです。

二度とフローを繰り返さないという独創的なフローと、
その高いアサナテクニックが有名なマスター・スダカーですが、
彼の座学、哲学談義は個人的なマイブーム。
巷に出回っているヨガの翻訳本の間違いを一点一点説明してもらって、
今まで直訳を暗記していただけの八支則の、しっくりこなかった謎が少し解けたような。

が、これまた、今日僕から回答をもらってメモして帰るだけなら、
またこのWSも皆さんにとって参加したWSのリストが一つ増えるだけのこと、

今日皆が一人になって、1分でも10分でも考え始めるかどうか、
が重要なのだ、と、熱く語るマスター。

このWSで一番印象的だったのは、
アサナの効能とは、肉体に限定されることなく、内面的な効能があり、
肉体的効能はほんの数%で、大切なのは内面の効能だということ。

ところが、昨今日本で流行している解剖学や
アライメント重視の肉体に重きを置いたヨガをしている限り、
私達はアサナの本当の効能を得られないのだそう。

本来サンスクリット語のアサナには、
八支則のヤマ、ニヤマにつながる名前の由来と意義があり、
その幾つかをお話ししていただきました。

日ごろ慣れ親しんでいたハヌマーサナや椅子のポーズは
下半身や腿を鍛えたりするだけのものではないのだと、

アサナは身体を柔軟で強靭に保つもの、
と浅はかにも思って、“ヨガ”をしているつもりだった自分が本当に恥ずかしくなりました。

インストラクターとして、
もっともっと学ばなければ、と強く再確認した一日となりました。

毎度のことですが、マスターはわたしの内面を揺さぶり、
深く考えさせ、ヨガの真髄と深淵を垣間見させてくれました。

ワナカムヨガスクール

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中