ドクター・マドヴァン&マスター・スダカー コラボワークショップ~プラナヤマ~

2日目は、プラナヤマクリニック。

プラナヤマには“正しい理解”と“実践”の2つの側面があります。
とのお話から始まりました。

正しい理解なくしてのプラナヤマの実践は、
電気を、あるいは核を、素手で扱うような危険なことなのだと!!!

プラナヤマがそんな危険を孕んだものだなんて、知らなかったなぁ。

ワナカムヨガスクールのワークショップには、ビックリがいっぱい。

これまでの私は、呼吸法ぐらいにしか思っていなかったのだから。

まずは理論から。
ここでもプラナヤマの語源から。

プラナを生命エネルギーと訳すのだけれど、英語で訳しても、日本語で訳しても、
プラナの微妙なニュアンスからずれてしまう。

私たちは、エネルギーと言われると、
食べ物から得る栄養やカロリーが、頭から離れなくなってしまいます。

今、自分が知っていることをベースにして理解をしようとしてしまう。

でも、この今自分が知っていることも、
深く内側に問いかけて検証することなく、得た情報をポケットにしまい込み、
知ってるつもりになっているだけではないのか、と突きつけられます。

知っているつもり、がどれだけ多いことか。

バンダもウジャイも、「え~っ!」の連続で、
目もグルグル、頭の中もグルグル、みんな混乱しているのがわかります。

ここでも、自分の内側と対話することは避けられないのだと知らされます。

そして座位のクラスへ!
これ、やってみたかったんです。

以前、座り方がなっていない・・・
と言われてから、

ドクター・マドヴァン&マスター・スダカーの座り方を見ていると、
確かに自分とは違う。

自分なりに、こんな感じ、を再現してみていたものの、
しっかりお直しされました。

自分の中の感覚のまっすぐと、
実際のまっすぐのズレを身体にインプット。

私はプラナヤマのクラスに出ることが初めてなので、
他ではどんなクラスをしているのか、全くわからないのですが、
座位のお直しから入る実践プラナヤマって、普通のことなのかしら?

とてもありがたく勉強になりました。

マスター・スダカー

ここからようやく、実践プラナヤマへと入るはずですが、
ドクター・マドヴァンのお顔が、明らかに自問せよと語ってました。

プラナヤマ練習に入る前に、最低限出来ていなければいけないこと、

その1が座位。
その2が腹式呼吸。

参加者のおそらくほとんどが、正しい腹式呼吸ができていない様子。
もちろん私も。

最初のステップができていないのに、
次の段階、さらに高次な段階の練習をすることに意味があるのか?

私たちがやろうとしていることは、百害あって一利無しではないのか?
それならなぜ、基礎を飛ばして先へと進みたいのか?

ここでも、自分を見つめることの大切さを突きつけられます。
今の自分は何をすべきなのか。

「自分のアシュラムに来ている生徒だったら、
皆さんの今の段階でプラナヤマの練習は一切させない!!」

と優しそうなドクター・マドヴァンの厳しい一言。

教わる私たちの準備ができていないことを
実感させられたプラナヤマのクラスとなりました。

マスター・スダカーはよく、
“生徒の資質”ということをお話しになります。

この日のワークショップでも、

生徒さんの中には、意味のない実践プラナヤマを教わるよりも、
正しい腹式呼吸を習いたいという声もあれば、

やっぱり実践をしてみたい、という声もあり。

きちんとした座り方が出来ていないことは、自分自身わかっているのに、
それでもウジャイ呼吸やカパラバッティを実践したい、

という矛盾、好奇心、執着、エゴ。

しみじみと教わる側の器が試されているんだな・・

と。これがまたマスター・スダカーがいつも言う、
“マットの上は日常の延長”ということで、私達はヨガの学びの場においてさえ、
ミーハーな執着やエゴを捨てられないんだな、と実感。

教わる準備が出来ていないのに、
良い先生を探し、ヨガワークショップを転々としている。

私達、何だか矛盾していないか?

この二人のインド人講師がすごい!と思ったのは、

生徒がやりたいことをやらせる方が簡単なのに、
今何をすべきかを考えさせ、今やるべきことをはっきりと、
生徒の顔色を見ることなく断言する妥協の無さ。

「参加者が、次回僕たちのワークショップに参加してくれるかどうかは、
一番どうでもいいこと。
自分たちが、ヨガマスターとしての本分を果たしたかどうかがだけが重要」

と言い切る強さは、彼らが“本物”に基づいているからなのだろう。

そして、インドから離れた異国の地、日本に、
そんな“本物”を伝達しようと、わざわざ足を運んでくれる。

そんな師に出会えたことに感謝。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中