大阪アサナクリニック第三弾 2013.10.17

関西では恒例となりました、アサナクリニック。
ほぼ肉体的な練習を締めるアサナクリニックでも、動く前に必ずお話から入るマスター・スダカー。

ブログ

3つのグナの内の一つ、タマシック(怠慢)のお話。
アサナの練習は肉体的な練習でありながらも、マインドワークでもあるとマスターは言う。
そして、タマシックと深く関連しているだそうだ。

どういうことかと言うと、、、

例えばハンドスタンドなどの逆転系のポーズ。
身体の柔軟性に関係なく、痛みも伴わなければ、シンドイ思いをする必要もなく、ジャンプして反動を使い形を取るだけのポーズの練習は容易にできるだろう。

そうゆう練習は、練習生のタマシックを強くするだけ。

股関節と何の関係もなさそうな、逆転系のアサナにおいても実は股関節が使われるそうだ。

マスターが『股関節』というワードを出したと同時に、
アサナクリニック常連の生徒さんたちは、「へぇ~」という驚きと共に、
苦笑いを顔に浮かべていた。笑

「ダイジョウブ」と日本語でマスター。「今日は逆転の練習はしないから」

そしてヴィジョンオブヨガ生を使って、今日の練習を説明。

「ハイ、GO!」とあっさりと号令をかけるマスターに言われるがまま、自分のマットに戻る参加者。

しかし、その参加者の表情からは、
「これを練習するのね(汗)マスターの言った”ダイジョウブ”の意味が分からない^^;」
と、言いたそうな心情が伺えた。笑

マットに移動するまでは、マスターの指示通り動いた参加者も、
マットの上では、、、指示に反した動き。

英語で言っても解らないのなら!と、参加者が動きを習得できずに苦戦する間、
「モット アゲテ!」「ソノママ」と、どんどん日本語を習得し、日本語交えに指示を出すマスター。

それでも、一度上げた足は、すぐさま床へ落下!
あまりの状態に、また集合がかかる。笑

「この練習は確かにシンドイだろう。でもこれはマインドワークなんだ。頭からカラダに指示を送って、足は一度も床に降ろさない!いいか、そう決めたら一度も降ろさないんだ」

最初に『怠慢』と深く関連していると言った理由はここにある。
自分のカラダを甘やかさない。 一度やると決めた事は、最後までやり通す。
人はすぐに楽な『怠慢』な方へと引きずられてしまう。
でもその流れに自分自身がストップをかける。

ダメだ無理、、と思ってしまいそうになるマインドを、
自分自身が「やるんだ」の方向に連れ戻す。

そうやって自分自身のマインドに命令し、そして降ろさないんだとカラダにも命令する。
甘やかさずに鍛錬されたカラダにのみ、アサナはやってくる。

そうやってアサナの方からやってきた時に、Sthira Sukham Asanamを体現できるのだ。

アサナと筋力は関係ないと言うが、
また心地よい楽な練習も、アサナへ誘ってくれる事はないだろう。

僕は生徒を決して逃がさない。
涙を流そうが叫ぼうが、僕は生徒の練習に甘えを与えない。
皆も、自分自身が自分のマインドのマスターになるんだ。

そう言葉にしたマスターから、
「ワカッタ?ハイ、ガンバッテ!」の号令がかかり再びマットへ!

そして、マスターのみが知る、最後に訪れるはずのアサナに必要な練習を1時間以上積んだ。

そしていよいよアサナへ!

どんなアサナになるのか知らずに、これまた言われるがままに、カラダを動かし・・

そして、、、、あら!アサナが来た!

 ブログ
写真には写っていない、マスターと参加者の先に今回練習したアサナが。
どのアサナをしたのか、その為にどんな練習をしたのか、それを知るのは参加者のみ!!

ブログ
アサナクリニックは、マスタ本人が一人ずつ身体を触れる人数に限定しています。
その為、すぐにキャンセル待ち状態に!ワナカムヨガスクールFBページワナカムヨガスクールHPにて、
常にWSをご確認する事をお勧めします!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中