ワナカム式プラクティス@2013仙台②

2日目の最初のクラスは、マスターフロー!

冒頭にマスターは、ヨガの練習とは手放す事と…。

そして例えとして、
自由に飛んでいる鳥を自分の頭上に飛ばすことはできない。

自分の問題や感情を、鳥と同じように自由にしなければいけない。

感情を留めておくと、
巣をつくり卵を作るように憎しみなどが増殖してしまうと話をしてくださいました。

そして、フローが始まるのです・・・。

2クラス目は、ヒップオープニング!

アサナの練習とは、最終ポーズをとる事ではなく
意識がいっていないところまで意識をもっていくのがアサナの練習いうことで、

一番意識を持って行くことが難しい股関節を
これでもか~!というくらい集中して働きかける2時間になりました。

ブログ

思考と行動が伴っていないときなど、
それは、ストレスとして内側にたまっていき、ナディに結び目を作ってしまうという。

ブロックやストラップを使ったりと様々な方法で、
股関節にアプローチしていくのですが、すごく痛くてつらい…

だけど、辛いのは一瞬で、
終わってみれば、結び目がほどけるように、心も体もとてもすっきりしているのです。

本当にいつも不思議に思います!

股関節は、感情と密接に関わっているということを改めて実感しました。

最後に、弱点を弱くしていくのではなく、
両極端に働きかけること。

ありのままの自分を受け入れ満足する。

両極端を味わい、それを体験することが人生で、
それが幸せにつながる・・と言葉を残してくれ2日目が終了しました。
ブログ

自分の弱点も再認識することができ、とても充実した2日間になりました。

また自問する毎日が続きそうです。
マスター、円さん!本当にありがとうございました!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中