ヨガフェスタ@阪急大阪2014.11

日本のお正月にあたる、インドの大きな祭事の一つDiwaliを翌日に向かえ、
今日は大晦日の様な日らしいです。

そんな大事な日を、この阪急ヨガフェスティバルにあててくれたマスター。

実はこの日、フェスティバル前に、
ヴィジョンオブヨガ生だけを集めた継続学習WSが行われたらしい。

とても内容の濃い時間だったらしく、
今日フェスタに来てくれた皆ともシェアしたい事があると、一つのお話から始まりました。

『ヨガとは、マインドやカラダを“コントロール”するものなのか?』

マインドとは、酔っぱらいのサソリに刺された猿の様な状態。
だと、マスターは例えます。

普通の猿であっても、木から木へと飛び移り、忙しく動いている。

その猿が、お酒を飲み、サソリに刺されたら・・
キチガイの様に駆け回り転げ回る姿は、容易に想像ができる。

酔っぱらってサソリに刺された猿を、
頭の中に飼っている私たち。

そんな状態にある猿に、どんな優れた猿使いが命令しようが、
猿をコントロールはできないですよね。

マインドとは?を、例を変えて説明するマスター。

それは、飛行機を操縦するパイロット。

もし、チンパンジーが飛行機を操縦したら、その飛行機はどうなる?
墜落して事故を起こすだろう。

飛行機が私たちのカラダだとしたら・・

気が狂った様に動き回る猿を相手にしない。
チンパンジーに飛行機を操縦させない。

この猿、このチンパンジーが、私たちのマインド(マナス)。
つまり、マナスと共に生きるのではなく、ブッディと共に生きる。

これが、『ヨガ チッタ ブルッディ ニローダハ
(パタンジャリヨガスートラ第1章2節)

そう、ヨガにコントロールするなんて概念はないのだ。
むしろ、コントロールしようと相手にしないこと。

フローに入る前に、マスターから最後の一言!

痛いのかな・・
怖いな・・
フローについていけるかな・・

これら、頭に浮かんでくる全てのマインドの声をシャットアウトして、
『私は今からマスターフローをするんだ!』この一点のみ!

そう言い残され、始まったフロー。

ブログ
手足を降ろしたくなっても、マインドの声を無視してフローを楽しむ!

 ブログ
マスターも(写真撮影を!?)楽しむ。笑どんなに辛かろうが、
『やるんだ!』と言い聞かせ、マインドの声は無視ブログ

「Don’t listen to your mind!」マインドの声を聞くな!
と、途中何度もマスターに言われつつも、

あまりのハードさに、思わず無視しきれなかった場面もありつつ・・

ブログ

それでも、笑顔で楽しむ!

ブログ

終始、笑顔で楽しんだフロー。終わっても、なお笑顔!

マスターから最後のメッセージ。

ある所に、ロバがいました。
そのロバは右に行けと指示すれば左に、左と言えば右に行ってしまう。

そして、全く指示を聞かないロバに乗るムッラという人物がいました。

そのムッラに対して、村人が言いました。
こんなロバに乗って、大変だろう」と。

しかしムッラはこう言いました。
いいえ。私は、ロバが私の行きたい方へ行ってくれない事と、理解している。だから、ロバが西に行けば西で、東に行けば東で出来る事をするまでさ

この話にマスターが、こう言葉を付け足しました。

このロバが、皆にとっては家族かもしれない。
恋人、友人、会社の同僚かもしれない。

例え他者が、自分を理解してくれなくても、それは当然なんだと理解すること。

ムッラが「ロバは自分の指示を理解してくれない」
と理解していたように。

だから、他者をどうにかしようと、
他者の指導者になろうとするのではなく、自分の指導者になりなさい

100人近くの参加者の中で、
どれくらいの人にマスターの言葉が届いただろう?

私はヴィジョンオブヨガを去年受講しましたが、その時にもマスターは何度も言っていました。

自分が自分のリーダーになれ」と。

それから一年経ち、
最近になってやっと、その意味するところが分かってきた気がします。

この一年の期間でもWSを受け、学び続けながら、

その継続した学びの中で、マスターが、
例え話を変えながら、何度も説明してくれる中で、ようやく!です。

マインドって存在が、どんな子で、如何に厄介者か・・わかってきた。
そして、『自分の指導者になれ』と、言っていた意味も。

ヨガとは関係ない話だが、
どこかの科学者が研究し算出した数字がある。

人は、一つの事を本当に理解するまで、
同じ事を44回言われ続ければ、理解できるらしい。

小さい時に、両親に口うるさく言われた事も、
当時は理解せずに、やらされていただけの事もありませんか?

「言われなくても分かってる!」と口答えしちゃったりして。笑

それが大人になって、やっと親の言ってた意味が解った・・
と思うこと、ありません?

だからといって!
44回って数字に逃げ「まだ理解出来なくてもしょうがないんじゃない?」

と、言い訳しようとするマインドが出現しても無視して下さいよ!

学び続ける事の大切さを伝えたかっただけですから!笑

マスターのクラスを受ける度に身に沁みて感じる、
学び続ける、、そのことの意義を。

そして決めた、2度目のヴィジョンオブヨガ受講。

再受講者が続出する異例の現象には、受講した人にしかわらない理由がある。

2014年は2都市で、ヴィジョンオブヨガが開講されます。

東京:http://www.tokyo-yoga.com/event/detail.php?event_id=470
京都:https://www.facebook.com/events/505299036230393/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中