初心者WS@大阪 2013.10.17

大阪WSの1クラス目、アサナクリニックに続き、
2クラス目は初心者クラス。

いつもクラスの冒頭を、質問で始めるマスター・スダカー。

今回の質問「ヨガ初心者と上級者の違いは?」

その定義は、読み進めながら考えてもらうとして・・
ひとまず、WSの内容へ入っていきます。

スーリヤナマスカーラから始まった初心者クラス。

 ブログ
12ステップを何度か行い、すぐに参加者に必要な練習を見抜いたマスター。
このまま続けても無意味、もしくは怪我にさえ繋がると、再び参加者を集めて話し始めた。ブログ
マスターが気になったのは、皆の腰と首の使い方。
特にバックベンドの時。

腰を使って後屈し頭を後ろに倒せば、目線が後ろにいくので、
後屈している気分にはなるだろう。

しかし実際は、腰を酷使し首を緊張させているだけ。

この様に、見た目的な角度からポーズを深めようとし、いかに反らすかを重要視していると、
使うべき場所が使われずに、使うべきでない腰を酷使してしまう。

更には、それがいつしか痛みとなり、
腰、首、膝の怪我へとも連鎖してしまうのだそうだ。

マスター、スーリヤマナスカーラの練習止めてくれてありがとう!

そして始まったのが、この”使うべき場所”に気付きをもっていく練習方法。
こっからは、かなり体育会系!

 ブログ
ビジョンオブヨガ生の、目を見開き、口全開の雄叫び(笑)が、
練習の大変さを物語ってます。

この体勢、前ももが燃える様にキツイ!!!汗
さっきの“ありがとう”の言葉撤回!!笑

こんな具合で、雄叫びシリーズが、その後もどんどん続き、、、
うめき声にわめき声、練習ペアを鼓舞する声、そこら中で色んな声が飛び交う!

そこには、日本でよく見かける『初心者ヨガクラス』の雰囲気は、
どこにも見当たりませんでした。笑

私の個人的意見ですが、
どのヨガスタジオを覗いても、『初心者クラス』と題されたクラスに行くと、

運動量が少なくて、簡単なポーズしかやらない

のが、初心者クラスの定義とされている気がします。

そして「無理しなくていいですよ~」
「気持ち良い場所でホールドして下さいね~」
と、インストラクターに優しく声をかけてもらえる。“心地の良い”クラス。

初心者に必要な練習とは、本当に簡単で楽な練習なのだろうか?

そう思っていた疑問が、今回のWSによって、払拭されました。

生徒に必要な練習を見抜いたマスターは、 そのままスーリヤマナスカーラを続ける事なく、
そして、アサナの練習もせず、ただ気付きを得る為の練習を、ただひたすらに行った。
もちろん、マスターに“優しい言葉” は一言もかけてもらっていない。笑

ワンステップずつ、この体勢での骨盤の位置はここで・・内旋して・・外旋して・・ と、
解剖学的なことは一切やっていないが、自然と『使う使わない』をカラダが理解していた。

あの雄叫び練習後に体感した、違う!と明らかに感じるカラダへの変化。
それは、自分のカラダとして存在していながらも、今までなかった気付きでした。

そして肉体のみにとどまらず、自分のマインドが如何に愚か者か、、
そんな気付きをも実感したのでした。

キツイ!もうこれ以上キープできない!
すぐそんな事を考え始めては、楽な方へと引きずり込もうとするマインド。

「自分自身が自分のマスターとなるんだ。マインドの言う事を聞くな!」
・・というマスターの声が耳に届きながらも、
最後までやり通せず諦めてしまうこともしばしば。 なんて弱いんだ、、私。

「出来の悪い上司(マインド)に、部下であるカラダが従う事なく、
やるべき事を、やると決めた事を、ただやり抜くんだ」

そう言い切るマスターの言葉に、
自分の仕事に対する取り組み方や、普段の意思の弱さが重なった。

家で練習する時間がないと言い訳するマインド。
じゃあ朝5時に起きて、練習しよう!と決意したにも関わらず、

睡眠不足だと仕事も中途半端になるし、もうちょっと寝た方が良い一日を送れるはず。
・・と、再び言い訳する為に、登場するマインド。

そのマインドに言いくるめられて、
結局、仕事に行くギリギリまで寝てしまう私の出来の悪い上司。

マスターはいつも言う。 ヨガの練習とはマットの上に限られない。
マットの外においても同じだと。

もし日常へと繋がっていないのであれば、
マット上でムダな汗を流しているだけでヨガの練習とは呼び難いと。

家でセルフプラクティスをしても、マインドと会話してしまってるんだもの、、
マスターのクラスを受けた時と、同じ感覚が生まれないのは当然ですね。

自分が自分のマスターになるか。
まだまだだな、、私!

“心地よさ”へ浸るのが、ヨガの練習ではないんだと、身を持って実感した初心者WS。
この、弱いマインドの言いなりにならず、怠慢を断ち切る為の初心者にふさわしい練習。

その第一歩は、まず冷たいシャワーを毎朝浴びることだそうだ。

冷たいシャワーに対して、初めはマインドが「冷たいから嫌だ!」と拒絶する。
でも、そのマインドに従わずに、
冷たい水を受け入れる事が、怠慢からの脱却へと一歩近づくのだとか。

最後に、このクラスの冒頭でのトピックであった、
『初心者とは?』の話に戻るとしよう。

『頭のてっぺんから、足の先まで、
骨や筋肉で構成された目で確認できる器官だけを気にしている人』

そう、初心者を定義付けたマスター。

それに対して、その存在を触れることのできないマインド。

ヨガとは自分の心と向きあう事だと、書かれていたり言われたりしていますが、
見えも触れも出来ない対象と、”向き合う”事の意味が理解できなかった。

しかし、今回のWSで、マインドの存在には気付けたように思います。
そして、そのマインドによって、いかに自分自身が支配されていたかも。

スーリヤマナスカーラを止めてまで行った雄叫び練習も、肉体的な練習でありながら、
“自分のマインドと会話しない” を、訓練したような時間でもありました。

マインドの言いなりにならず、自分自身が自分のマスターになるのだと。

次の大阪での初心者WSは2月!
https://www.facebook.com/events/729422993741074/?ref=5

初心者向けワークショップ <正しい練習法>
ハタヨガ基礎講座 <アサナへの準備> の2本立てです!

東京での初心者WSはこちら!
https://www.facebook.com/events/239179049572179/?ref=5
その他ワナカムヨガスクールに関しての情報はHPからどうぞ!
http://vanakkamyogaschool.com/ja/what-is-vys/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中