東京リトリート VOY第3弾カパラバティ@大正記念館

楽しみにしていた2日間にわたる “シャットクリヤ と“ヨガ ニドラ”

ヴィジョンオブ2014、Part1が終わったばかりだったが、疲れを感じることもなく、会場へ向かう足取りは軽かった。

大正記念館は、大きな窓から美しい日本庭園を眺める事ができて、それだけでも開放的な気分になる。

ドクター マドヴァンの講義が始まった。

カパラバティも基本は腹式呼吸とのことなので まずは自分が腹式呼吸が正しく出来ているかどうかの確認から始める。マットの上に寝ておなかに手を当てて、息をしてみる。ゆっくりと意識をおなかへ。

今度は起き上がって、座って息をしてみる。正しく座ることが容易ではないということに気がつく。腰がおちたり、腰を伸ばそうとすると背中がそったり、(特に日本人には多い)組んでいる足がぎこちなくなったり・・・。

少しずつ、体からムダな力を抜こうとしながら 意識を呼吸に持って行く。

普段、イスの生活に慣れてしまっている事を痛感・・・。

今日のドクターの講義は、いつもに増してスピードが早い。
それだけ私たちに伝えようとしてくれていることが多いということだ。

もっとすごいのは円さんの通訳だ。
これだけの内容を瞬時に私たちに分かり易い日本語で伝えてくれる。


人間は呼吸せずには生きていられないのに、
その呼吸のことを深く考えたことがないなあ・・。

私はノートに書き留めるのに必死だったが、驚く事に こういったことを科学が解明する前に、古代ヨギの先人たちは知っていたというのである。

“思考は頭蓋骨に守られている”。こんなことを考えたことがなかった。

吐く息と同時に、脳神経のニューロンから毒素が出て、
思考が浄化されていくというのである。

このように呼吸のしくみと関連づけたお話も分かり易い。

そしてカパラバティをすることによって脳内に影響が及ぶだけでなく、消化器官にも影響が及ぶというのである。

そしていよいよ実践。

ドクターの説明を聞き進むうちに、自分が今までやっていたのは、違っていた事に気がついた。鼻からシュッ、シュッと音が出てればいいと思っていたのは、実は全然違った。

「鼻からサウンドは出ない」と言われたときは、
「私、今まで何をやっていたのだろう?」と大反省。
今日のWSに出て、本当によかった。

だって正しくできているかどうか、一人ずつドクター、そして次にマスターの前でも、2回確認のアドバイスをしていただけたからだ。頭ではわかったつもりでも実際にドクターとマスターの前で一定のリズムと強さでカパラバティを行うのは なかなか容易ではない。最初、ドクターの前では吸う息と吐く息が逆になってしまい、ドクターから「What’s happen?」「?」という表情をされてしまったが、円さんが「緊張しているんだよね」とフォローして下さって、もう一度トライ。「そう、できている、できている」と円さんから言われたときは嬉しくて、「もう体が覚えたから絶対に忘れない」と強く感じた。

“体験して 失敗して
そしてそういう経験の中から正しい事を自分のものにしていく”。
今日のWSでも  それが実感できた。

最後はドクターによる“ヨガ ニドラ”

呼吸、プラナ、チッタと関連があることを教わって、実践に入る。

今日は薄着で来たせいか、夕方になって日が落ちたあと 体が冷えてきて、マットに横になってしばらくしても、寒くて 体も心も いまいちリラックスさせる事ができなかった。けれどドクターの声を聞きながら 体の外も内も一つずつに意識を向けて行くと、だんだんと寒さを感じなくなってきた。終わってからとても不思議に感じたのだけれど、言葉で表すなら、それは何かゆったりとしたものが体のなかを流れているような感覚だった。

眠ってしまいそうなほど気持ちがよかった。

ずっとこのまま続けて体を起こしたくないくらい心地よい時が流れていて
ドクターの声で体を起こしたときは もう1時間以上も経っていた!

毎日出来るといいなあ、
“Deep Relax” というのは こういうことをいうのかあ・・
と実感したWSだった。

1743563_10203046637264823_1017333200_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中