東京リトリートクリアWS②

~クリアWS/ネティ編~

翌日は、待ちに待った?『ネティ』のクラス。

いやぁ、ドキドキでしたよ。

 

ネティには「ジャラネッティ」と「スートラネッティ」の2種類があって、
「ジャラネッティ」は塩水を使うのが一般的。

ということは、それ以外の液体を使うものもあるんですねぇ。

ここでも、意味から入ります。

ネティには「否定する」との意味があるそうです。

鼻腔は、目、耳、口と五感の感覚器官と繋がるところから、
五感で感知するものを否定する、との意味があるそうです。

五感で感知するものは、永遠ではない。

ネティ、深いです。

 

そして待望の実践編。

「ジャラネッティ」は、出来そうな感じ。
実際、皆が難なく出来ました。

「水がジャラジャラジャラネッティ。」なんて名言も出てきて…笑。

お水をジャラジャラと鼻から出した後にも、やることがあります。
鼻腔の中のお水を出し切るための手順があるのですよ。

その後、前日に習ったカパラバッティの登場です。

カパラバッティは、ネティの前後にやるそうです。
特に、後は必ず。

私はまだ、カパラバッティもどきだけど、
教えてもらったことを思い出しながらやってます。

次は問題のスートラネッティ。

これをやってみようと思う日が来るなんてねぇ。

毎日実践している人たちの話を聞くと、
「いいよ。」とこともなげに言うのですよ。

どんな感じになるのか想像もできません。

う〜ん、ドキドキ。

ヨガは実践あるのみですね、皆でレッツトライです。

 

スートラとは紐のこと。
実際にはゴム管の様なもので出来ています。

この紐を鼻の穴から入れて、喉でキャッチ。
口から出して、鼻腔内をキレイにします。

その前に。爪の長さチェック!

大切な喉の粘膜を傷つけないように、
ものすご〜く短く爪を切ります。

自分を守るためですね。アヒムサ。

 

ここから実践スタート。

スルスルと紐は入っていくのだけど、キャッチ出来ない!

ドクター・マドヴァンに助けを求めると、
もっと深く紐を入れるようにとのこと。

あっ、紐が降りてくるのを喉に感じました。

ここからですよ、ここからが大変。

指先は紐に触れることが出来るのですが、
キャッチ出来ない!

隣でドクター・マドヴァンが、
「Deeper! Deeper!」と声をかけてくれます。

気持ちはキャッチしたいのだけど、カラダは抵抗します。

何度も何度も、「オエッ。」となりながら、Try! Try! Try!

涙とよだれにまみれながら、片側終了!

「やったー!」

ドクター・マドヴァンも「よくやった!」って感じて喜んでくれました。

これが、小さな子どものように嬉しい!

「よく出来ました。」って褒められた時の喜び。

 

さて、反対側。

ほんの少し前に、「やったー!」の気持ちを味わったばかりなのに、出来る気がしない…。

「オエッ。」となる度に、不安が込み上げます。

そうこうしているうちに、両側とも終わった人が増えていきます。

焦ります。

「まだ終わっていない人は〜?」の問いかけに手を上げるも、マスター・スダカーには背を向けたまま、一人部屋の隅で格闘する私。

自分の指が喉に入ってくるのさえ難儀しているのに、マスター・スダカーの大きな手は…、と考えただけで恐ろしく…ごめんなさい、自力で頑張ります。

不思議なのは、あれだけ「オエッ。」となっても、吐かないものなんですねぇ。

暴れる猛獣を手懐けるように、自分のココロとカラダと対話し、かなり時間はかかったものの、ようやく反対側も成功!

私がやり終えたところを、マスター・スダカーはちゃんと見ていてくださいました。

涙とよだれでベロベロのひどい顔で、マスター・スダカーと笑顔の写真をパシャッ。

 

どれだけ時間が経ったんだろう?

必死すぎて時間のことなど思い出しもしませんでしたが、かなり早いペースで参加者全員がやり遂げたそうです。

誰一人、吐くこともなく(笑)。

 

ココロもカラダもぐったりした後は、ヨガニドラの時間へ。

寝てるんだか起きてるんだかのふわーっとした意識の中で、自分を旅する時間。

究極のリラックスです。

 

こうして、私の初“クリヤ”体験の一日が終わりました。

あれから、3週間。

毎日続けています。

私は右利きですが、なぜか左手の方がキャッチしやすいことに気づきました。

両方試したけど、左手の方が成功率が高い。

舌に邪魔されずにキャッチするコツも段々わかってきました。

「オエッ。」となることも少なくなりました。

初回の時の様な恐怖感はなく、日によってサラッと出来る日もあれば、ちょっと手間取る日もあるけれど、短時間で終えられるようになってます。

いつかは、歯磨きのように何の気負いもなく出来るようになる日を目指して。

 

この鼻腔内のスッキリした感じ、まだ未体験の人には味わってほしいなぁ。

ぜひぜひ、おススメです!

1962666_10203052279645879_2096667853_n

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中