京都誓願寺WS(マスターフロー)

初心者ワークショップの後は人気のマスターフロー。
今日はどんなフローが飛び出すのかハラハラドキドキです。

フローの前もマスターのお話から始まりました。

フローのクラスに参加する時は覚悟をします。
肉体的な辛さに対する覚悟と出来ない自分と向き合う覚悟です。

フローが始まってしまえばもうマットの上ではどうする事もできません。

「まな板の上の鯉」とはこの事かと思うほど手も足も出ないのです。
にも関わらずコリもせずに何度も参加するのです。
「ああ、きっとまた出来ない…」と思いながら。

マスターの小話は・・・

古びてすっかり人が来なくなってしまったお寺を再建しようと、何人かが話しあっていた。話し合いの結果、決まった事は

①古い建物を壊すこと
②古い資材を再利用すること
③同じ場所に同じように建設すること
④新しい建物ができるまで、古い建物を壊さないこと

…④は出来ないでしょ?またまたナンセンスな!
そう思って聞いていました。

聞いた話ならはっきり分かるのです「ナンセンスだ」と。
だけど自分の話に置き換えてみると…

あれ?
もしかしたら私このバカバカしい事をやってる???

マスターのフローはキツイ、ツライと思いながらするのは何故だろう?

話題のフローに参加したいというエゴのため?
隣の人よりも少しは出来たというエゴのため?
少なくともそうじゃない!!

激しく思います。だって楽しいんです。

キツイツライと思いながら、
ひとつも出来なかったと思いながら、
終わった後は笑っているんです。

参加する理由が「楽しいから」
そのひとつでいいのなら、初めから楽しんでみれば?

出来ても出来なくても誰も見てないし、評価しないし。
ただ自分で「出来なくてイヤだなぁ」と思っているだけなんだから。

先回りして心配しても仕方ない。
瞬間を捉えてチャレンジすればいい。
あとはなるようになる!なるようにしかならない!(笑)

京都

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中