笑顔は世界を救う!〜シニアヨガクラス〜

6月26日木曜日の朝、総勢90名を超える、20代から80代までの老若男女が一堂に会した。

彼らはワナカムヨガスクールの生徒、
もしくはその家族・生徒さんたち。

緊張・不安・恐怖等を抱えたような硬い表情のシニア世代を前に、「人生の先輩を前にして、未熟者のぼくが何かを教えようとしているんだ、ぼくの方が緊張しています」

と、ジュニア世代代表のマスターは謙虚に笑いを誘い、いつものWS同様にお話からクラスがスタートした。

 

「高齢は健康の証。自信と誇りを持ってください。精神的な逞しさを持っている皆さんの力を、若い世代は必要としています。皆さんがたくさん笑い、元気に長生きすることで、若い世代も勇気や希望をもらえるのです。」

あたたかいメッセージの数々に、
若い世代の私たちが聞いていてもジーンとした。

少しでもわかりやすくなるように、
オモシロおかしい小話も次から次へと飛び出してくる。

参加者同士でお話をしてみたり、一人ひとり発言したり、少しずつココロの距離を近づけていく。

「ヨガをすると健康になるよ、これをするとここに効くんだよ」
などと、とってつけたようなことは一度も言わなかった。

「みなさんが今から笑い始めればもっと長生きするし、若い世代も笑い始めればココロが強くなっていくのです。みなさんが笑顔になれば、若い世代も笑顔になり、またそれを見てみなさんも笑顔になり、つまり世の中全体が笑顔になる、そんな相乗効果もヨガの内面的効能のひとつなのです。」

確かにそうだ。

母が苦しんでいる姿よりも、
笑いながら元気に動き回っている姿の方が安心する。

私もその年齢になってもそうやって元気でいられるのかも!と自信にもなる。母にもっと笑って欲しいから、私はヨガを学んでいるのではないか?とまで思った。

私自身の笑顔がもっと輝くように、
そしてそんな私を見て母に笑ってもらえるように。

母の笑顔を見て周りの人も笑顔になり、みんなが笑顔で過ごせるように。

でも今はまだ、その境地には行けていない。
もっと笑ってヨガしていこう。そんな反省をした瞬間でもあった。

そして身体を動かした練習へ。

やったことがないことに対して臆することもなく、文句も言わずやってみる皆さんの表情。そしてすぐに効果を感じて「ゼンゼンチガーウ!」と、もっと笑顔になっていく皆さんを見ていて、なんだか嬉しくなって思わずニヤニヤ笑っている自分がいた。

笑顔の効能をその時既に体感させてもらっていたんだなと、帰宅後に気付いた。

今回の感想は?と聞かれたら、
「マスターはそこにいた全員に対して敬意を持って接していた」
ということに尽きる。

そしてこの体験から、私は人生の先輩に敬意を払うという意味さえも履き違えていたんだなと思った。

痛いならやめて、痛くないことだけをしてね。
無理はしないで、楽なことだけやってね。

そんな生ぬるいものではなかった。

正しいことをきっちりやる。
正しいことは痛みなくきっちりできるものなんだ。

先輩方にもっと元気になってもらうためにも、
ココロを鬼にしてきっちりやってもらう。

そうすると、がんばって笑わそうとしなくてもこんなにも笑ってくれるんだ。

手をつないで歩くだけでこんなにワクワクするんだ、楽しいんだ。

シニアだからと壁を作るのではなく、年齢など関係なく共に生きる、共に歩む、そんな敬意の払い方を学んだ。

そして、(たぶんほとんどの)ワナカムヨガスクール生、ヴィジョンオブヨガ生は、自分の家族・生徒さん、そして多くの人々に、1度でいいからマスターに会って欲しい。

マスターから、ワナカムヨガスクールから、
ヨガを学んで欲しいといつでも思っている。(はずだ。)

それがこのような形で実現したことが本当に嬉しく、本当に感動した。

そんな私たちに対しても、
「大事な人をぼくに預けてくれてありがとう」とマスターはおっしゃった。

私たちにまでもそんなふうに敬意を持ってくださって、それもこれもマスターのおかげなのだけれど、やっぱり感激した。

最初の表情の硬さがウソのように、最後はお祭り騒ぎになっていた。

マスターと投げキッス合戦をするチャーミングなお姉さんも、
男同士肩を組むお兄さんもいた。

みなさん無邪気だった。子供のように喜んでいた。
そして誰よりもマスターが一番笑っていた。

マスターの笑顔を見ているだけで、
あたたかいキモチになった。

笑顔の相乗効果、本当にすごい!

身近な人から幸せにできなければヨガをしているとは言えないと気づいてから、少なくとも自分の大切な人を健康にしてあげたいと願っていたが、1日200回の笑顔でそれもすぐに叶うような気がしてきた。

あの空間にいれたことを本当に光栄に思います。

この貴重な体験を糧に、
先輩方の背中を目標に、

これからも精進してまいります。

シニア

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中