シニアヨガクラス

シニア世代が持っていて、私たちが持っていないもの。
私たちが持っていて、シニア世代が持っていないもの。

自分の息子、娘には言えないこと
自分の両親には言えないこと

こんな投げかけから
マスターのはじめてのシニアヨガクラスが始まりました。

シニアには経済力がある、
私たちには若さがある・・・

私たちには将来の不安がある、
シニアはすでにそれを手にしている。

シニアには強さがある。
私たちには肉体的、精神的な弱さがある。

私たちもいずれはその世代になっていく。
そこに壁を作ったり、線を引く必要はない。

ヨガ的に人間は15年を目安でライフステージが変わるという。
その異なるステージを楽しむこと。

赤ちゃんは全身で笑う。そして1日に200回も笑う。
笑っている人は心臓発作にならないそうだ。

自分の中の童心を忘れずに、笑うことを絶やさない。

家族、子供に何か思うことがあったら
内側にしまわないで声をかけてみる。

すると、相手は意外にも大したことだと思っていないかもしれない。

マットの上で身体を動かすことだけがヨガではない。
マットの外で、日常生活と私たち自身と共にあるのがヨガである。

インドの小話で考えさせ、ジョークを交え敬意をはらい、マスターはシニアの方たちをぐっと引き寄せていきます。

ペアになって手を取りながら、歌を歌い楽しみながら、それでも真剣に身体を動かしていくと、みなさんの表情が生き生きしていきます。

一見簡単そうな動きでも続けていると身体がどんどん軽くなって、それを実感した方たちは”ぜんぜんちがーう!”を大連発。
“ぜんぜんちがーう”の大合唱がクラス中に響く毎に、笑顔も広がって、シニアの人のみならず、私たちの表情までも自然と笑みを浮かべていて、笑顔でいっぱいのクラスとなりました。

そして、その瞬間『シニア』『若者』という隔たりがなくなり、クラス全体が一体となっていたのです。

マットを使わないヨガクラス。
それでも、ほんの僅かなワークの種類と少しの時間で、身体も心も軽く、柔らかくなっていて、これこそヨガの練習であると、改めて実感する一日でした。

シニア

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中