シニア世代に伝えるヨガ @東京

梅雨の晴れ間の6月26日、新宿のビルの谷間を迷いながらどうにか時間までに滑り込んだ私が会場でみたのは、たくさんのシニアの参加者の姿。

思わず圧倒されました。

今回のシニアヨガクラスは、シニアヨガTTコースを受講済みの生徒さんたちは見学可能という、実にオープンでユニークなWS。

実は私もSTTC修了生ですが同時にシニア世代にも該当するため、見学よりも実体験!と、参加することを選びました。

思い思いの運動着に身を包んだ参加者の皆さん、緊張しながらも何が始まるのか楽しみに待つ姿に、私も一緒に少しドキドキしてしまいます。

いつもの生徒よりもぐ~んと年齢層が上の参加者の前に、いよいよマスターの登場です。

 

「ワナカム」「こんにちは」「おはようございます」「ナマステ」

まずは発声一番、声を出してエールの交換?笑
をして緊張をほぐそうとしている様子のマスター。

それでも緊張を感じる会場の雰囲気に、マスターから一言。

「みなさん、緊張してますか?ダイジョウブ!僕の方が緊張してるんですよ、本当ですよ。人生の先輩を前に今から教えるんですから。」

笑みがこぼれ会場が一気になごみます。

 

最初のワークは内面からアプローチ。

ジュニア(見学者)対シニア(参加者)に分かれて、お互いに思っている事を言い合う、シェアタイム。

「シニアの人には時間とお金がある。うらやましい。」
とのジュニアの声に対して、

「シニアにはお金があるかもしれないけど、脂肪もあるのよ」
とシニアのユーモアたっぷりのお返しの一面も(笑)

他では

「シニアの世代は、同じことを何度言っても通じないことがあって、時々疲れる」
とジュニアがいえば、

「ジュニアの世代には忍耐と経験が不足している」
な~んて諭されたり

 

次に、今日初めて出会った人と手をつないで、いくつかのカラダを動かすワークをスタート。

慣れない動きをシニアTT生がサポートしたり、声を掛けたりしてくれる。最初はぎこちなかった参加者にも次第に笑顔や歓声がきこえるように。

「あっ、足が軽くなった!」
「腰が楽になったみたい」
「腕が上がる!」

そして、マスターが大好きな
「全然ちが~う」
の大合唱!

 

両親を連れてきた人、シニアの生徒さんを招待した人、
この声をきいてどんなに嬉しかったことだろうか。

会場中がポジティブなエネルギーに満たされました。

これまでもマスターはよく言っていました。
「自然に逆らうことは愚かなこと」だと。

歳を重ねることで、シミやしわができる、脂肪がつく、
といった肉体に現れる変化は、まさに自然なこと。

自然のままに受け入れなさい、と。

内面に子供の心が住んでいれば、私たちはいつまでも若くいられるはず。

インドでは “神と赤ちゃんは同じ、老人と赤ちゃんは同じ”
というのだそうです。

参加者が自分の体の変化に驚いて、きゃっきゃっと笑って騒いでいる様子は、まさしく赤ちゃんが手足をバタバタと動かし、じゃれている姿と同じことだったように思います。

 

最後に、マスターが参加者の皆さんに伝えたこと、

「先を歩くあなた方が、前を向いて元気に明るく進んで下さることが、後に続くジュニアの人々の指針となります。どうか、いまのままのパワーを持ち続けてください。そして私もまた、あとに続くジュニアの人々の一人です。」

謙虚なマスターの言葉は、私たちは繋がっている、同じ道を歩いている仲間であって、そこに境界が無いことを改めて感じさせてくれました。

 

予定の時間を大幅にオーバーして終了した初めてのシニア世代の為のヨガ。これから各地で開催が熱望されることでしょう。

私も大切な人生の先輩たちを誘って、またぜひ参加したいです。

シニア

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中