二回目のヴィジョンオブヨガを終えて

今回二回目のヴィジョンオブヨガ受講。

一回目を振り返ると、
混乱から始まり、混乱で終わったヴィジョンオブヨガだった。

その混乱があるから、二回目を受けようと思った。

修了証書をもらうときに、またヴィジョンオブヨガで!とドクターに言われたのですが、きっとそう言われなくとも、二度目の参加を決めていただろう。

そして、二度目を終え思うこと。
同じことを聞いても、一度目とまったく違った見え方になりました。

ヨガの基礎の基礎を学んでいるのだが、一度目には見えていなかったものが見えてきたように思う。自分が思い違いをしていたことや、分かっていなかったこと。そして、自分に足りないものを気付かせてもらえた。

どうやってアジャストをするか、どうやって教えるか。そんな浅知恵ではなく、自分の中の見えていなかったものを見せてもらえたように思う。

TTCと言われるものを5つ以上でているが、他のどのTTCでも教えてもらえなかったこと、ヨガとはなにか。

自分が何をしているのか。
ヨガなのか、それともヨガっぽいものなのか。

長い爪、きれいなマニキュア、長い補足した睫毛は、本当にヨガに必要なのだろうか?美しい言葉も、皆を和ませうっとりさせるトークも、生徒の成長に必要な言葉なのか?

まず、自分が何をしているのかを知ること。

厳しいように聞こえますが、自分を知らずして他人にヨガを教えることはできない

ヴィジョンオブヨガは、それを気付かせてくれた場所。
そして、マスターはそれを教えてくれた師。

何が優しさなのか、何が愛なのか。
自分を愛すること。

ヨガのクラスでは、頻繁に耳にする言葉ですが、
本当に自分がそれをできているのか。

自分を見つめること。
今のありのままの自分を見つめなければ、道は続いていかない。

ありのままの自分でいること。

・・マスターの言葉の節々から感じました。

そして、最終日の試験ですが、びっくりでした。

私が興味がなく、ほぼ聞いていなかったところが、ちゃんと私に出されるのです。そして、まんまと全然覚えてない。という結果に。

「マスター良く見ていたな」と改めて感心しました。
(上から目線な表現?笑)

でもこれが、ヨガの先生としても大切な持つべき資質。
見ていないようで、皆をワシのように高いところから眺めているのです。

それがマスター。

様々なTTCを10回近く受講していますが、マスター以外にそんな先生に会ったことはありません。

ヴィジョンオブヨガは、
正しいヨガを始めることができる場所なのだと思います。

ヴィジョンオブヨガ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中