本来の姿と影 @日野

マスターの伝えていることは、いつも一緒。

私が初めて参加させて頂いた2年前から、本当に何も変わっていない。いつも同じことを、手を変え品を変え、色々な角度から私たちに伝えてくれている。

あるときは、それは「コブラ」として表現され、
あるときは、それは「ペン」として表現され、

今回は「影」として伝えて下さいました。

「影のある場所はいつも同じなのか?」
「影の形はいつも同じなのか?」

他人から「あなた(自分)はワガママだ」と思われていたり、自分自身が「自分を醜い」と思っていたり、そういったことは「影」にすぎない。

でも私たちは「影」で自身で自分というものを図ってしまう。

「影」は変化するもの。
その大きさも、ある場所も、光のある位置によって変わるもの。

「では一体自分とは何者なのか?」

自分自身への探究の旅。
その道をいつも指し示すマスターの言葉。

私たちに本来備わっている知性というもの。
それを輝かせる方へと導いてくれる。

それには勇気が必要で、
でもその勇気さえ自然と内側から湧き上がる。

そんな時間を過ごせた、この日野WSに感謝です。

10301495_10204117054584587_2711450152290996246_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中