6/25 スリアナマスカーラWS 第4弾

昨年から続く初心者WSの【太陽礼拝シリーズ】も
今回で、4回目となりました。

マスターに会うまでは、スリアナマスカーラという言葉は知っていても、そのサンスクリット語の意味の奥深い意味を知らないまま、ただただ体を動かしていました。

初めてマスターのWSに参加した時に思ったのは、言葉に込められている意味を知らずに、またその意味を考えようともせずに、いったい今まで何の為に体を動かしていたのかな・・ということでした。

初心者WSとはいっても、簡単なことを行うという意味でなく、一つ一つの練習の意図を考える機会に触れるのが、この初心者WSではないでしょうか。

どんなにヨガ経験が長くても、その本質を理解していないのであれば、経験年数に関わらず、誰もが初心者だということを受け入れなければならない。毎回マスターのクラスを受講する度に、ヨガに対して謙虚に学び続けることが大事だと思わされる。

そして、私がマスターのWSに参加する際に、一番の楽しみとしている事は、クラスの始まりと終わりのマスターのお話。

今日のテーマ「ブジャンガーサナン」について、皆で考える時間があった。今まで考えなかった視点の質問がマスターから飛んでくると、頭の裏側を使って考えるような、不思議な感覚になる。

いかに普段、自分の視野が狭くなっているかを感じる瞬間だ。

マスターのマスターから話し伝えられてきたこと、そしてそれをマスター自身が考え実践し、確信を持って引き出しにしまっている智慧を、今度はマスターが伝道師となって、その大事な引き出しを開けて私たち生徒に話して聞かせてくれる。

難しいと言われる古典ヨガ哲学を、誰にでもわかるように噛み砕いて丁寧に話をする。もちろんその中には、少し耳に痛い事も多い。・・・が、どれも納得。

いつも言われることだが、真実はつらく厳しいもの。だと。

決して楽で、楽しいものではない。

それを受け止めて初めて分かることがある。

最近その言葉の意味が少しだけわかってきた。

さて、スリアナマスカーラの内容へと話を進めよう。

何故スーリアナマスカーラは重要かなのか?
心と体への効能は?

太陽礼拝のWS1回1回に、新しい発見の連続。

今回のテーマはブジャンガーサナン。

アサナに名前が付いたとき、その動物の特性から学ぶ効能がある
それを確認してから実践の練習へ!

肉体面だけの練習や説明で終わらないのが、ワナカムヨガスクールという“学校”である所以。

今までやったことのない背骨の柔軟性へのアプローチ。

スリアナマスカーラにおいて、6番のアシュタンガナマスカーラとブジャンガーサナの重要性を感じ、正しく練習しなければ、効能どころかやっぱり少しずつ背骨を傷め、精神的に安定はやってこないとわかる。

色々な身体のレベルの人がいらっしゃっていましたが、それぞれの体に合った練習をし、最後にブジャンガーサナを行うと・・・本当に意識を持っていかなければならないところへピンポイントで意識をもって動けるようになる。

背骨はスシュムナナディー(エネルギーの通り道)が通っている大事な所。
柔軟且つ強靭な背骨を作っていくことが心の安定につながることを経験した1日でした。

多くの方が自分の練習に太陽礼拝を入れ、またクラスに取り入れているかと思います。
それほど練習する頻度が多いが故に、正しくしなければその弊害も大きい。ヨガをする沢山の方に、このシリーズは体験していただきたいです。

10342961_10203981725841453_5885274491325042341_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中