広島リトリート

2014年8月20日
広島で豪雨による大規模な土砂災害が発生しました。

沢山の方の衣・食・住の自由を奪いました。

私たちに何ができるか・・・広島での週末リトリートの開催を目の前にしてマスターが急遽チャリティークラスを追加することから始まりました。

そして2014年9月20日
ワナカムヨガスクール初の広島リトリートが開始です!

広島の街並みが見下ろせる、
小高い山の上にある「行者山 太光寺」

大きな窓からは緑のきれいな芝生が一面に広がり、自然豊かな会場で気持ちのいい風が吹いていました。

広島近郊の方から、近畿、九州、そして台湾からも参加者も集まり、共に過ごした2日間。

到着後は、マスターの通常クラスが始まり、ヨガの先生の資質とは何か?との皆さんへの問いかけからスタートです。

今回は3人の生徒さんに前に立ってもらい、自分の中にいる3人の姿をドンドン剥がして、最後に現れる人の姿を見つけていく作業をするのがヨガであるということから先生の資質や、私たちのヨガに対する間違った概念を見つめなおす、本来のハタヨガ基礎講座となりました。

見えていない本来の姿とはどんな姿なんだろうか・・

ヨガクラスに通っているけど、
何か変化が訪れているのだろうか?

目の前にある当たり前の日常が見えなくなっている・・・ということにも気が付いていないのが現状だと改めて実感しました。

ヨガの8支則の一番最初にある「アヒムサ」
このアヒムサこそが私たち人間の基礎となる部分でしょう。

私たちは、常に人からの目を気にして生きているので、無意識に人と比べる作業をしてしまってるのです・・。その作業が、日常の色んなところで当たり前に繰り返されているから本来の自分の姿が見えなくなっている。

そして自分で作り上げた概念で自分を苦しめるという作業まで行っているのが現状でした。

広島
2日間のリトリートらしく、早速宿題もでました!

さて、私たちはヨガをして一体何を受け入れることができるようになったのだろうか?

一人10個!考える!

早速、みんなが一気に考え出す・・・私も考える・・・

そして日常で鏡を見て、白髪にがっかりしていないか?ニキビに焦って処置を施していないか?本当に日常の朝のひと時でさえ、一喜一憂しているのでかないか・・と自分の日常を見つめ、リトリートでも本来の自分を見つけていく作業をしていきました。

そしてプラクティスに入ると、いつものように『全然ちが~う』の声が沢山聞こえる時間の連続です!

腰痛を持っている人が多い中、ヨガのアサナがどれだけの効能を持っているのかを初めて知ることになるのです。

本来の自分の姿を見つけると同時に本来のアサナの姿まで知ることに!
正しく行うアサナは、肉体・内面・精神面において全ての意味を持ち、それぞれに効能を得ることができるのです。

今回は、ガルーダーサナで体感しました。

腰痛を持った方がアサナでも意味を持たすポイントを押すことで、不調が一気に改善されて、全然違う軽さを持った体に笑みを浮かべる参加者。

夜には座学も開催されるのがリトリートの醍醐味!

座学では、水シャワーの話になり、早速明日の朝は全員水シャワーをすること!と2つ目の宿題?となりました。

次の日の朝はもちろん!水しか出ません!笑
怠慢な自分を取り戻すことはできただろうか?

広島の日曜の朝、すばらしい朝日を眺め、こちらもリトリートの醍醐味!
外に出てのサットサンガの始まりです。

マスターのリードにより、マントラが広い空の下に響き心地よい風が私たちの中に流れていました。

広島①
そして2日目の朝のクラスタイトルは『Vision of yoga』

朝はゲームからスタートで、何気ないゲームだけど、言葉がでないという苦しみを味わうことに・・関連つけないゲームです。

質問に答える内容は、質問の内容とは全く違う、単語や状況すべてを関連つけてはいけない、正解ではなく不正解をこたえるペアゲーム。

これが全く質問の答え以外のことをいうことができないのです。要は嘘をつけない、質問に答えようとしてしまうのです。

正解・不正解と答えるのは、どっちが楽だろうか?
はい!質問に答える正解をいう方が断然楽でした。

でも、日常では・・本来思っていること、そして不正解のこと、どちらも言えていないのです。何かをしようにも、他人の目をきにしてできなかったり、まったく違う答えをいうこともできない。そんな日常の姿を見つめます。

プラクティスではアンジャネヤーサナ。

広島②

『自立する』『辛抱強く』などの意味を持つアンジャネヤーサナを、一人一人マスターがお直しです。

Vision of yogaは、未知の世界のABCを学ぶところ。
何かの技術を身につけて何かを得るのではなく、自分を見つめて本来の自分自身を探していきます。

そしてマンドレスフローでは、最初から最後まで目を閉じて、とにかくマスターの繰り出すフローを体感するだけ。

広島③過去や未来にとらわれず・・今を体感します。
なのであっという間過ぎた2時間でした!

今回急遽追加開催となったチャリティークラス。
広島の方もたくさん参加し、被災された方も一緒に参加です。

簡単にチャリティ、寄付という言葉を使うけど、寄付とは余りものを与えるのではなく、何かを犠牲にして、何かを我慢して与えるものだということ。

寄付をしても、他人の寄付の内容に対し、感情が揺らぎ、後悔したり、反応したりすることで、カルマを生んでしまう。

ヨガも同じです。
何かを犠牲にしてなり得るものなのです。

今回、広島のシャンティヨガのスタッフの方が何から何まで準備にお手伝いとお世話になりました。最後のクラスでスタッフの方が着ていたTシャツ。

なんと広島弁のワナカムヨガスクールにマスターが!!
広島でもマスターの学びが繋がりますように!

広島

スタッフの皆さん本当にお世話になり、ありがとうございました。

無条件に与えてくれた今回のリトリートで、私はシャンティーヨガの方からもヨガを学びました。

広島

また広島に行きたいと強く思った2日間!
広島の皆さん、またお会いしましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中