ホームプラクティスに参加して

マスターの質問から始まりました。
『流行』と『行動』

今、日本におけるヨガはどっちなのか?
それはどう違うのか?と。

回りの人と意見をシェアしながら考えると、自分の中にある考えとは違う目線で物事が見えてきました。ファッションの一部の様にヨガをしているのか、健康の為にやっているのか、流行りが終わったら廃れていくのか。

ヨガと自分を比べた時に『ヨガをしている自分がいる』という風に自分が主体なのか、ヨガを目の前にして『自分という存在は、なんとちっぽけなんだ』と知るのか。

マスターは僕もヨガを伝える一人に過ぎないんだと。ヨガは果てしなく深いものなんだと教えて頂きました。

そして、ヨガの練習ではこれを毎日するべきというのではない。人それぞれ持っている体質や考え方のクセ、仕事、生活…があるので、健康を考えてセルフプラクティスをする必要がある。

まず健康な便の状態なのか確認する所から始まりました。当たり前と思っている事をマスターは見直しなさいと教えてくれます。

朝晩快適に便を貯めることなく健康的に出せているのか?

朝ごはんを食べてから排便ではなく、起きてごはん前に排便出来るのが理想的との事で、朝から行える快便練習方を色々教えて頂きました。

教えて頂いている最中にみんながトイレに行くという不思議な光景もあり、早速効果が⁉︎

ダヌラアーサナや、アシュタンガナマスカーラでは、身体の肩や腰の不調を抱えている生徒さんが次々に改善し、劇的な変化をする様子は見ているこっちもとても勉強になりました。

 

うつ伏せで寝てみて顔を左右向けて寝たときにどちらか片方に違和感があれば、その状態でアサナをとってもアンバランスが広がってしまうんだと。正しい身体の使い方を一人一人細かくレクチャーするマスター。

普段使えていない身体の一部を使えるようにしていく事は簡単ではありませんが、終わった後の生徒さんの顔を見れば効果は十分にあり、見事に不調が改善されている様でした。

非常に濃いホームプラクティス。
次回のホームプラクティス3は、来年2015年に行われるそうです。

まずは45日間、快便効果が出るように自分の身体と向き合いながらホームプラクティスを続けてみたいと思います。

8

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中