3回目のヴィジョンオブヨガを受けて

自分にとって3度目となるTTC。
1度目とも2度目とも違う感覚のあった3回目となりました。

一度目は、今指導している生徒さんの顔が浮かばなかった日はなく、現代のヨガと古典のヨガとのあまりにも大きな違いに驚愕しました。

間違ったことを指導して、なんてことをしてきたのか。
取り返しのつかないエゴ丸出しのクラスをしていたのか。
足がすくみ、震えました。

毎日毎日、必要以上に勝手に責任を追い、背負い込み、涙して過ごした20日間。今思えば、それも全て勝手に思考をつなげていたのでしょう。

私はひどく落胆し、何とか正しいことを得たいと必死でマスターにしがみつきノートにメモを書きなぐっていました。

「そうじゃない。自分の為に学びなさい」とマスターに言われたことが、ある日ストン!と腑に落ちました。あぁ、その通りだ、自分の為に学ばなくては何も身につかない。

そうして純粋に学びたい気持ちで挑んだ2度目。

見えなかったものが見えてきました。

1回目に受けた際は分厚いノート2冊に渡ったのに、
2度目はその半分も書いていませんでした。

でも、ちゃんと学びが自分の中に残っている。

マスターが言うことは終始一貫して変わりません。

ヨガとは何か。
何の為にするのか。

それを、手を変え、品を変え、私達にわかりやすいように伝えてくれる。

何度も何度も問われているのに、自分の内側から理解が生まれるまでには、なんと時間のかかることか。我ながら情けないなと思いましたが、自分には必要な時間だったのだと思います。

3度目、何も思わず参加しました。
ただ受けれるチャンスだったので参加しました。
それが良かったのかもしれません。

このヨガを一人でも多くの方に伝えたい!
とまた堅く思う節が何回もありました。

マスターが指導してくれる着色れてていないヨガの良さを、1度目は伝える気持ちがからわまりし、あまり伝わらないという現象に。2度目は周りには背中を見せよう!と決めて言わずにいた2年間。3度目の今は、黙っていて伝わるなんて気取っている場合じゃない、言わなくては!となりました。

結果、それまでの自分は、周りに嫌われるのが怖かったんだと気づきました。それも今、ようやく気づきました。

言われてどう思われるかなんてどうでもよくて。
良いものは良いよ。と言えばいい。

その結果、その人がそれを選択しようがしまいが、期待しなくていい。真っ直ぐな気持ちで受講出来た3回目。

何度受けても新しい気づきのあるTTCです。

1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中