マンダラフローを受講して

初めてのマンダラフロー。マンダラの意味も良くわかってませんでしたが、今回も一体どんな教えがいただけるのか、ワクワクしての参加でした。

マンダラとは・・・サンスクリット語で「プリプールナ」といい、途切れのない完璧な円終わりも始まりもない一つの円という意味だそうです。なんて深いんだろう・・・ただただ、その意味の深さに言葉を失う。

マスターからの質問。「ヨガをしている人とは?」

それは、アクセプタント「受けいれる」対話ができている人のこと。他者との繋がりを持てるということだと、マスターはいいます。私達は自分自身や、他者と対話が出来ない事によって、不必要な怒りを生みだしていく。日常において、私達は普段、強い印象をもつものを自分の中に取り入れ、感情に飲み込まれてしまい、自分自身との対話が無くなる。その事によって、自分自身を見失ってしまう。そしてまた不必要な怒りを生みだしていく。大阪6

私においては、一番わかりやすい例が自分のこどもに対してです。毎日ではありませんが、些細なことで、感情に飲み込まれることが多々。マスターに出逢ってからは、かなりの割合で感情的になることが少なくなりましたが、まだまだ根は深い。その時の湧き上がる感情に気づけるようにはなりましたが、その後それをどのように受け入れたらいいのかがまだつかめてなかったのです。

そこで、受け入れるということがどういうことか、マスターからとても楽しい宿題をいただきました。「1日5分間だけ、自分が嫌いだと思っていることを好きになる」これを45日間続けるだけで、とても満ち足りた人生をもつことができるそうなのです。今まで沢山マスターから宿題をいただいたけど、こんなに楽しく思える宿題は初めて。

早速、その日から実践する。その効果の大きいこと・・・。自分が嫌だなあ~と思った瞬間に、すぐそれを実践してみると、あっという間にその嫌という気持ちがなくなってしまう。ただ、こうすれば良かったのか・・・なんて楽しい宿題なんでしょう。これが受け入れるということなのか・・・45日間続けてその後の自分の変化はいかなるものか・・・。今から楽しみでワクワクしています。

このことを踏まえながらのマスターのフローは自分自身との対話であり、あっという間に過ぎていきました。終わった後のあの心と体の軽さといったら・・・初めての経験でした。全ての動きに意味があり、またその意味目的を理解しているからこそ、あんなフローができるのだなと、マスターのすごさを今さらながらに体感したW.Sでした。大阪4

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中