ヨガセラピー腰編 part1

このWSを受ける前に、どんなWSですか?と聞くと、「肉体と内面、両方からのアプローチ」という答えが返ってきました。

腰痛がある私にとって必須でもあるように思えるWSでありながら、決心するまでに時間がかかってしまいました。

内面を探っていくことへの恐怖と、シニアヨガTTCに似た感じという話もあったため(実際は全然違った内容でした)じゃあ、行かなくてもいいんじゃない?という逃げの気持ちが、腰痛を治したい!という気持ちと戦っていたからです。

そして正直、申し込んだ後も、直前まで少なからず不安と恐怖があったのは事実でした。

そして、WS。

腰痛は自分の思考のパターンによって起こるもの。ヨガなどをして一時的に治っても、思考を変えなければ、また違う形で襲ってくる、という深い内容からスタートしました。

支則と同じように苦しみも8つに分けられる・・・と、その8つを聞いたときはショックでした。全部持っていたからです。

でもそれは、自分と他人、過去の自分と現在の自分を比較することから始まっていて、その比較が大きくなることによって、腰痛が起こるのだと、マスターは教えてくださいました。

この8つを手放すことは、今を生きることにもつながると。

「この8つの苦しみを1つを持っていたら、他の7つも持ってる」のと同じように、全てがつながっていて、8つを持っていれば、嫌悪感も訪れ、それが自分自身への信頼・愛情につながり、それが他者にもつながっていく。

もちろん身体にも影響する。全ては自分の思考からきていて、それを変えない限り、根本的な解決にならないことを、改めてしっかりと学びました。

part2までの宿題も肉体と内面両方からのアプローチ。

難しいこともあるけれど、できると信じて今やる、だけ。

part1が終わった今、参加して良かったと心から思っています。19796_10206134198411922_3860206111634481281_n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中