眠りへの導きWS

最近周りで、眠れないという話を聞くことが多くなりました。

じゃあ、私はちゃんと眠れているのだろうか?と問えば、イレギュラーなことがあると、なかなか寝付けなかったり、寝ても寝てもまだ眠い=眠りの質が悪いことがよくあります。悪ければ、日中の生活にも影響を及ぼすことは事実・・・それは今までの経験上知っています。では、なぜ眠りに影響があるのか?とても興味のあるテーマのひとつでした。

眠れない原因として、ストレスや不安があります。ストレスや不安は、思考のくせによって起こるもの。

私たちはいつも、好き嫌いのように2つに1つで物事を考えてしまいがちであり、感情もポジティブ・ネガティブと2つに分けてしまいがちです。

そして、ネガティブだけが悪いように考えてしまいますが、例えば子供のときの遠足の前日に、なかなか寝付けないのと一緒で、楽しいことでさえ眠りに影響を与えてしまいます。

だからこそ、嬉しいことがあっても悲しいことがあっても、それに左右されないこと、ニュートラルでいることが大切だとマスターは教えてくださいました。

そして、過去・現在・未来についても。私たちは過去と未来を比較してしまうことで、現在を見失いがちだと。過去は過去の「今」であり、未来は未来の「今」。今を受け入れることができないと、ずっと満足できないのだと。

眠りに関係してくるのはマインドだと、なんとなくわかっていましたが、それが自分の思考のクセだとは。でも、だからこそ、変えられる!思考にクセがあることをダメだと思わずに分析していきなさい、とマスターが言ってくださったように、眠りというカテゴリーに限らず、自分と対話することの大切さを学んだWSとなりました。11081189_10206112087819171_2937173133440965527_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中