やっとの思いで受講して

実は、私がマスターに出会ったのはヨガを初めて14年目のことでした。

今回のヴィジョンオブヨガを受講するまでに更に2年……。

今回の20日間を経て、やっと自分の内側から、根っこの部分からヨガに向き合うことを始められたように感じています。

恥ずかしながら、16年目にして……やっとです。

私がヨガの指導を受けてきたのは、佐保田鶴治先生の弟子の「番場一雄先生」と、沖先生と馬場先生に学んだ日本人の高齢女性の先生とからでした。流行りのヨガには目もくれず、ハタヨガを真面目に、痛くない程度にやる、を教わって実践してきました。無理をしない程度でやってきたので、今までヨガで体を壊すことは一回もありませんでした。腹式呼吸が身につき、腰痛も治りました。

始めて5年のうちは、インドに行ってみたい、指導者になれるようヨガを極めたいと思っていました。その後、段々と家業が忙しくなり…、仕事でヨガティーチャーがらできる訳ではないし、健康のために続けて行くことができれば良いか……と、少しずつ通っているうちに知識が身につけばいいか…となぁなぁになってきてしまいました。まさに教室に通っている時だけの生徒でした。

そんな中、常には流行りのヨガイベントには全く興味のない私が、2013年5月、六本木ヒルズのパークヨガで、マスタースダカーに出会いました。

その年の9月のアサナクリニックを初めて受講させていただいた時の衝撃は今でも鮮やかに覚えています。「前屈」の仕方は?「後屈」とは?「逆転」の真の意味は?「ツイスト」真の効能???教わるよりまず先に「考える、自問自答する癖を培う」。

今までいかに考える力が足りていなかったかを目の当たりにして、クラクラしました。そして「無理をしないカムフオータブルな範囲内のヨガ」が、私の中で一気に崩れてゆきました。

特にアサナクリニック、大正記念館で受講したプラナヤマ・ネッティニドラのワークショップで受けた学びは、私の真剣な学びへの情熱を再度呼び覚ましてくれたのです。

そして、今年のヴィジョンオブヨガ2015。

毎日深夜まで仕事をしている私がこの20日間受講することは、少々無理があることを承知しながら参加を決めました。かおる2

今回は……インド哲学を学べたことがとても自分には役立ちました。

自分の意識内の地図みたいなものが、少しずつですが出来てきました。

受ける以前には全く持ち得ていなかった「地図」を持ちたい。そして全体が俯瞰して見渡せるようになりたい。

前期でのスワダルマ&ソーシャルダルマの話は、家業をとるかヨガをとるかの選択に、心の奥底では常に心動いていた私の視界を晴らしてくれました。

日本の食の伝統を引き継ぎ伝えてゆくこと=私のスワダルマであることに気づけました。

そして膝のけがに悩みながらやっと受けられた後期。

円さんの哲学講義に更にカウンターパンチ!!!!

お話の展開の速さについてゆくのはやっとでしたが、内側からくる知識と出会える喜びがあふれてきました。

カルマとこと、アンタカラナのこと……。

まだ意識の内側の整理整頓は始まったばかりで未熟ですし、肩にも頭上にも下ろすべき荷物が載っている状態ですが、自分の頭の中、細胞の中の目に見えない構造体がメキメキと音をたててリストラクションを始めました。

このリストラクションが、今回VOYを受講して変わってきたものです。

この哲学&思想なくして今までヨガをしてきたこと。

それは稚拙な基礎工事の上に建物を建てようとしていたのだと気づかせて頂きました。

どんなに時間がないと思う朝でも、まず水シャワー+クリア(ネッティとカパラバディ)+10分座り自分と向き合う=私にとっての基礎プラクティス。基礎を手を抜かないこと。

これなくしてアサナや大陽礼拝、フローをしても建物だけ。

そして、その後にちょっと逃げたくなくプラクティスも逃げることなく少しずつ少しずつ向き合ってトライし続けること。

し続けないと「ウンヌンクンジュンムンネーレ」は実践してゆけません。

キーププラクティス。

マスターからいただいた言葉とおり、実践をしつづけていくのだということ。これを来年のREVOYまでの目標とします。

そして来年REVOYに参加できるように、家業である仕事の時間帯や空間、人の配置をリストラクションして、無理なくスワダルマの実行と人生の学びが両立できるよう、試行してゆきたいと思い始めています。

その情熱と、共に学ぶ仲間を与えてくださったヴィジョンオブヨガ2015に感謝しています。かおる1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中