浜松AUMマンダラ

「マンダラ」とは、「完璧」

始まりと終わりが繋がっていることなのだと、マスターはお話を始められました。

マスターは常々「何事も興味本位に物事を始めてはならない、けれども本当に好きで始めたならば何が起きようとも辞めることなどなく、好きな事を存分にし尽くせる。それが好きな事をして生きるということだ。」と仰っているが、果たしてわたしは、人生半ばまで来て何か1つの事をし終えているだろうか?

そのように終えたことがあったかしら?そもそもしたいと思った事はなんだろう?

始まりは何だったのか、初めに戻って考えてみること。

私たちヨガの練習生は、ヨガを通して考えることを体験するのだそう。その体験から得たことのみが知恵となる。

しかしながら私たちは、深く考えながら体験することを拒み、手っ取り早く知ったような気になりたいのか、そんな薄っぺらな知識ばかり欲しがって、自分自身の事さえたいして気にかけておらず、長い間無視を決め込んできた結果、そもそも自分がしたい事は何だったのかさえ忘れてしまっている。

私達は体験を繰り返しながら、この自分自身の内側に置いて「充足感」を感じることが出来る、現実の社会で「成功」を収めたならば、この時「成功」と「充足感」が1つに繋がって「完璧」となり、幸せを感じることができる、そしてその幸せは無くなることなく永遠に続くのだけれど。他人と比較したり、自分に自信がなく自身を認められなかったりすればこの先永遠に幸せにはなれないとマスターは強く仰いました。11143198_10206952550590215_2737849816037669877_n「欲しい、欲しい」と思っているもの。どこを探せばいいのか?誰に頼めばいい?代わりになるものはなに?

いいえ、そうではないのです。

始まりからどんどん遠くへ探しに行くのではなく「なぜ?それを欲しいと思ったの?」

どんどん内側に探しに行くのです。

Samatvam yogah uchyate

心の内側と外側のバランスが取れて、平穏でいられることがヨガ。

人生に満足していない、いつも不満がある。

そんな私の視線の先はどこを見ているのか。

何のためにヨガをしているのか!

ヨガをする者、どこを見るべきなのかを、今日もまた同じことを、いつまでも解らない私たち未熟な練習生にわかるように、マスターは根気よく教えてくださいました。11745902_10206953315769344_1303209505340014573_n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中