シニア継続学習&入門編に参加して

VOY生が指導するワナカムヨガスクールWS。
初回登場はゆかり先生。

一緒に学んできた仲間が先頭に立ってWSを率いていくことに誇りに思います
コツコツと学びを積み重ねていくゆかり先生からたくさん学びました
マスターの伝える古典のヨガの大事なところを丁寧にそして的確に伝えようとする真摯な気持ちが伝わってきました

シニアTTCを受講した仲間と共に学ぶ「継続学習」では、2時間という短い時間でしたが、シニアTTCを学んでからのお互いの疑問困っていることなどのシェアーから始まり、その質問をただ答えるのでなく、私たち自身で答えを探り考え方の視点を変えていくことを、ゆかり先生の経験から説明されていました。

マスターは何を伝えたいのか?ただワークだけを覚えるのではなく、人の体をいろんな角度から見る。

痛みや不調に対して、いつ、何を、どのくらい練習したらいいのか?

行き着くところは、そこなのだと。

それがわかるようになるにはやはりシニア1のベースがわかっていないと2、3に行ってもただ情報が増えるだけだと。
何度でもシニア1に戻り、基本を確実にして学び続けていく事が大事。そして、1人でも多くの痛みや不調を持った方に、ヨガを体験してほしいと思いました

教えるための勉強会でなく、まずは自分たちが体験し学び続けていこう!

11885089_10207237808961496_2812022702490135867_n

続いて午後はSTTC入門編

継続学習に参加したVOYメンバーと、初めてヨガを体験する方々、そしてマスターのWSはよく参加するけれどシニアWSは初めての方など、様々な方集まっていただきました。
始めは表情の硬い感じがありましたが、徐々にずつ笑顔が見えてきました。
まずは腰痛の改善方法から。

実際に腰の痛い人をモデルに痛みをとるワークを実践していくと、みるみる痛みが軽くなり笑顔
実際にマスターから習っているシニアヨガを実践しているゆかり先生の優しく的確な言葉かけによって、初めての方もリラックスして体験できたようでした。
そして全員でペアーワークを実践。シニアTTC修了生もマスターから習ったことの確認。実際に自分で動き、ペアーの方とワークをやりながら痛みを取り合っていきます

今回は実践の意味や説明を学ぶのではなくとにかくシニアヨガをやってみたら自分の体と心がどう感じるのかを体験するということだったので、和気あいあいと楽しく穏やかな時間となりました。

ゆかり先生が伝えたかったのはシニアヨガは痛みをこれ以上作らないための予防になるということ

けがをしたり不調をそのままにしておくと心身ともに痛みを多く作るので、まだ痛みのないうちに、または痛みが少ないうちに多くの人に実践してほしいのだと。

たった2時間の少しのワークでも不調が取れたと感じる方が多かったことから、これを毎日実践したらどんなに良くなることかと、ヨガを信じる気持ちが伝わってきました。

未然に防ぐためにも実践は大事ですね。

シニアヨガの効能は、肉体を超えて内面に働きかけ、多くの方の笑顔を引き出します。

それを今回参加のWS初めての方から「楽になった、もっとやってみたい、ヨガに興味を持った」などなど、ポジティブな意見を引き出せるゆかり先生は素晴らしいと思います。

人に対して優しく、丁寧に、そして的確に。

学んできたことに勇気と自信をいただいた、学び多き1日となりました。

そしてこれからも、学んできた人が、どんどん自信をもって伝えていく事が大事なんだと強く思いました。

マスターに教えていただいたことは本当に人を幸せにする力があるのだと、改めて感じるところです。

参加者として、伝える側として、たくさん課題も見えました。

参加させていただありがとうございました。

ゆかり先生お疲れさまでした!ありがとうございました。11889673_10207229043302360_3464624501134525327_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中