ハタヨガ基礎講座@大阪

日常生活の中にヨガを理解するヒントがある。

日常生活の中にこそヨガの知恵がいきる。

ワナカムヨガスクールのハタヨガ基礎講座は、ヨガの基本的で本質的な叡智を誰にでも解り易く説かれ、さらに体験をとおして学べる貴重な機会です。

今回の大阪でのハタヨガ基礎講座は、①マンダラフロー②マットなしのヨガクラスの二本立てです。

大阪でのマンダラフローは二回目。前回のマンダラフローの大好評を受けて再度大阪での開催が実現しました。

フローの内容はもちろんのこと、マンダラ=満ちる、完遂する、完成する、の言葉の意味についてのお話も、毎回その内容は異なります。参加するたびに新鮮な発見があるから見逃せません。

今回は、完成する、満ちる、ということの意味に対する内面的な視点と、外面的な視点、という二つの視点があり、その両者について考える必要がある。内面における「満足」と社会的(外面的)な「成功」というものの違いについて考えました。

まさに、日々の生活の中で、私達人間が無意識に葛藤する両極であり、そのバランスを意識的にとっていくことが、大切なのだと気づきました。

スティラ(安定、成功していて)であり、スッカム(満足し満ちて)であること。それがアーサナであり、人生そのものなのだ。

ヨーガスートラの有名な一節。スティラ スッカム アーサナム

アーサナに関するスートラと思っていましたが、人生そのもののあるべき姿でもあったのですね。

日常生活におけるマンダラ、私の場合は、始まるけれどなかなか始点に帰ってこない、そんな不完全ないびつな円だらけ。まずはマットのうえで、自分のマンダラをしっかり描いて、日常生活にも繋げていきたいと思います。

その為にも、自分の心の中の不要なつまりや、刺さった棘をぬいていくように。

マットなしのヨガクラスで、マスターが私たちに与えた宿題です。

棘は自分が刺したもの。

それを抜くのは自分しかいない。自分で自分を傷つけないように。

12月にマンダラフローとハタヨガ基礎講座が大阪に帰ってきます。それまでの3か月、せっせと棘抜きをしていきます。11889556_10207282358475206_4903602384220746372_n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中