一期一会のリトリート

今回のリトリートを一言で表すと「一期一会」。

この言葉で全てというくらいの4日間でした。

リトリートから日常へ。普段の旅行ならたっぷり遊んで充電してさあ現実に戻ろう、となるところです。でも今味わっているのは楽しい思い出だけでなく自分の内部の確実な変化、しかも時が経つにつれじわじわと染み込んでいく「今わたしは満たされている」という感覚です。

リトリートの素晴らしさは同じ志の仲間と寝食を共にし感動を共有することによって新しい見方を発見できたりシェアリングで自己内省を深めたりというoff the matでの学びにあります。

それに加えて今回の島根では聖地の名にふさわしい土地の力を頂いた気がしていますジオパークとして自然も人の営みも守られている隠岐諸島、情緒豊かな美保関、感銘を受けた中村元記念館そして一度は訪れたかった出雲大社…もう一度ゆっくりと訪れたい場所ばかり。

「あると思っていたものはなく、ないものがある。出来たと思った瞬間に間違っていて難しいと思っているとき正しい方向へ向いている…」とのマスターの言葉が不思議とストンと胸に落ち自分が今進んでいる道は間違っていない、と信じる力がわきました。asako01

人生を幸せに生きるコツは「今」を幸せにすること。

このリトリートに参加してリアルなのは今この瞬間だけなのだと言葉や概念でなく皮膚感覚で得ることができました。

主催してくださった方々、共に過ごした仲間たちへ。そしてマスターという存在を通してこうして学ばせていただけることに心から感謝しています。

学びは一生。使い古された言葉ですが改めてそう思っています。asako02

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中