クリヤWS“ジャラネッティ・スートラネッティ”

今回はシャットクリアのネッティ2種、ジャラネッティ、スートラネッティの実践を体験してきました。ワークショップではほとんどお目にかかる事ができないドクター・マダヴァンがクリア実践の指導を行って下さる事もあり、日本全国だけでなく台湾からもVoY生が参加され、期を超え国境を越えた大変貴重な学びの時間となりました。

最初はドクター・マダヴァンの講義からスタート。ドクターズ・クエッションは、クリアとは何か?何のためにクリアをするのか?から始まり、食べ物は何種類からなるか?等懐かしいドクターの問いを中心としたクリアの講義が展開され、毒素の種類を理解するために、まずは食べ物をどう分類するのか等をお話し頂きました。とかく食物の事や病状等となると現代医療や栄養学に則した見方で考えてしまいがちですが、インド古来の伝統科学はいつも違った観点・相対的な物事の見方、考え方を教えてくれます。

その後の実践ではマスター・スダカーも加わり、ジャラネッティとスートラネッティのデモをお二人が揃ってしてくれました。ヴァイラーギャを持って実践を行っている本場インドのヨギーとはこういうものだ!といわんばかりにお二人共そろっての最速スートラネッティは圧巻でした。

ジャラネッティは水による鼻洗浄をいいますが、使用する水溶液は生理食塩水よりは若干薄めの塩分濃度で水ではなくぬるま湯を用います。ぬるま湯である意味は体温に近い温度で有る事が大事でそれより温度が低いと頭痛等の違和を感じるそうです。また、洗浄する際の頭の傾斜や体の前傾もしかるべき角度があり、その姿勢で行う事で円滑な洗浄が行えます。

鼻周りに意識を集中して水の流れを感じてみると鼻孔の部分を水が流れていくのが感じられました。実際に自分が体験してみると鼻の中が水で洗われる感じがとても心地の良いものでした。

花粉症や風邪予防にもきっと効果を発揮してくれるのでしょう!インドの叡智は我々が躊躇する内臓すら浄化してしまうのですものね。恐れ入ります。kasumi1

そしていよいよスートラネッティの実践へ。スートラネッティとはによる鼻の浄化法をいいます。鼻孔から鼻腔へゴム紐を通して口に出し、歯のフロスみたいに粘膜をゴシゴシこすり老廃物を除去します。実践してみたら思った以上に悪戦苦闘。中々鼻腔を通り抜けて喉へ抜けてくれないのでマスターの元へ。鼻腔から喉へは比較的スムーズに通して頂きましたが、紐が喉奥へとリーチしてくれないのでマスターが再度また紐を調整して下さり何とか紐を自力で掴んだところで、ゴシゴシと鼻フロス・・・。紐を通す際は鼻腔からの刺激で涙が出ました!マスターが手伝って下さったゴシゴシは中々強烈な体験でしたが初貫通はそんな感じでした。1回貫通したから2回目は何とか自力でと思い、再度何度もチャレンジ!!しかし、心なしか1回目の時より鼻腔の奥の部分が締まった感じがして中々紐が通ってくれないので今度はドクターの元へ。ドクターのアドバイスは、リラックスとの事でした。ドクターに何とか紐を喉へ通して頂いたものの、何とか時間がかかりながらも自力で紐を取り出し2回目貫通完了しました。

実はこの2回目が中々貫通できなかった事には理由があり実践後の質疑応答時に、スートラネッティは1回目より2回目の方が貫通が難しいのだという事を知りました。

それは異物が入ったと体が認識してしまえばそれを排除しようとするように体は反応してしまうそうです。これも間違いなくマインドのなせる技なのでしょう。ここでまたしても「反応」なのです。シャットカルマの1つであるネッティ。やはりそこはひたすら実践あるのみなのですね。

実践後は回復食を頂きました。スートラネッティで苦戦した後の回復食は胃にやさしく、とても美味しく頂きました。この回復食も当然ながら大事な役割があります。除去した粘膜をまた新たに再生させるために必要な食材で構成されおり、消化しやすくしているのです。食事とは楽しみのためだけにあるのではなく、本来はそのように丁寧に体を労わる食べ方で在りたいもの。ホントに人間を研究しつくしたインド古代の叡智ならではの食の在り方にまたしても感服致しました。

今回学ばせて頂いたクリアのネッティ2種と回復食、そして食物の考え方、毎日の生活の中で定着できるよう実践していきたいと思います。kasumi2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中