マスター・フロー@横浜ヨガフェスタ

2015年9月22日 横浜ヨガフェスタにて今年もマスターフローが開催されました。

今年は22日の一日のみということで、毎年のチケット倍率も高かったことでしょう・・

参加できて幸運です!!

朝一のクラスにもかかわらず開始前には行列ができていました

200人近い参加者を前にステージに立ったマスターは、日本のヨガ生の姿・・表情を感じ取られ、私たちに気づきを与えてくれました。

普段、私たちの言葉、表情がロボット化しているといいます。

自分がロボット??と、正直私も思ったのですが、、、、

事務的な行動や言動、一つの日本語の意味をしっかり理解し、心から発しているだろか?
そんな質問にハッとさせられました。

「おはようございます」 と相手が自分に挨拶したことにすぐに反応して「おはようございます」を発していないだろうか?

生きている今、全てに意味があり、それが言葉一つでも、その意味を知らず機械のように言葉を発していることがロボット化している私たちの姿。

ヨガは繋がるという意味がある。言葉と心をつなげていく・・・

私達の笑顔にはどれだけの価値があるのか見過ごしてしまっているっとマスターはおしゃってました。

笑顔の価値、ヨガの価値、その価値を知らないとヨガを練習していても何も変わらないのだと。

ヨガは進化するもので、後退や停止ではなくプラナの温存に繋がり、無表情や力を入れて集中している顔では呼吸できずプラナを消費することになる

まさに何の為にYOGAをするのか考えさせられる一瞬でした。12079718_10207536618191540_542212728857030116_n

今生きてる時間を楽しまないと進化はなく、プラナの温存もない。

瞬間を楽しむことで、表情が変わり、快適に過ごすことができる。

過去に囚われ、未来に不安を感じ、今を生きてないのではヨガを練習しているとは言えないのだと、改めて自分を振り返る

今から始まるフローを何かと比べて怖いと思い、始まってもいないことに対して不安を感じ、今の瞬間を楽しんでいないことが無表情となり、つまりはプラナを消費してしまっている

言葉には心を込めてロボットとならないように、そして身体も自分の思うように動かせるように。

言葉と心が繋がり、身体を思考が繋がるように。

ヨガとは繋がるということ

そんな言葉を響かせながらさぁ~ヴィアガラーサナヒップオープニングの開始です。

どんなに苦しく感じようが楽しむこと、身体がうまく動かなくてもそれを楽しむこと。

そういわれるけど、動かない足に・・・手に・・・笑顔というより苦笑・・・

苦笑も通り越してやろうできないと思う自分を手放したら、何だか力が抜けたな~

一見難しそうだけど、頭の中のスイッチを切り替えるだけなのでしょう。

できないと思っていたことができた時、な~んだこんな簡単だったのか、と気づくことがあると思います。

それと同じで人生もスイッチ一つで幸せに快適な毎日へと進化するのですね。

ヨガにおいてヒップが開くことが重要なのではなく、長時間座っていられる骨盤を作り、瞑想ができ、自分で自分を幸せにするための体造りなのです。

ヨガを通して肉体の柔軟性を上げるのではなく、肉体と思考を繋げ、言葉には心をこめて、そして笑顔で過ごすこと。

フローが終わった後には最高の笑顔が出来上がっていました、まさにその瞬間を楽しんだ姿ですね!12107041_10207536618111538_6177385075236677336_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中