スポーツ選手のためのヨガ@愛媛

頭を空っぽにして身体を動かすことはとても楽しい。

子供の頃は明日の予定も考えずクタクタになるまで遊び夜はぐっすり眠って翌朝はまた元気いっぱい目覚めることができていた。

身体を動かすことは瞬間の体験の連続だ。

走ったりキャッチしたり飛んだりすることをひとつひとつ考えていたらでくの棒のように突っ立っていることになる。

ならばスポーツは本来誰でもできるもの、スポーツしているときは瞬間を生きている時間だ。

けれどスポーツならば終わりの時間がきたときに瞬間体験も終わることになる。

しかしヨガは永続的な瞬間体験であり常に今を生きることだ。

瞬間というのは常にそのままありのままの連続だから何かと比較することなんてできない、瞬間はひとつとして同じものはなく常に新しいものだ。

だから人生を終わりのないスポーツのように生きたら毎日は驚きや発見に満ちあふれワクワクしたものになるだろう。

それなのに私たちはいつの間かスポーツに競争や比較を持ち込んでしまった、それが自分を高めるためと思い込んで。

そしてスポーツのように過去や周囲と比較することで自分の人生の価値を測るようになり、さらに上を目指し人がまだ持っていないもの見ていないものをいち早く手に入れようと見えもしない未来に目をこらしている。

本当は過去でも未来でもなくこの瞬間にしか可能性は存在しないのに。12106823_10207637651357306_5698355434768372305_n

「スポーツ選手のためのヨガ」という今回のWSは1部が下半身、2部が上半身との対話

受講前はスポーツ選手が痛めやすいそれぞれの関節をどうしたらうまく使ってパフォーマンスを高めるのか紐解くようなものになると思っていた。

しかしスポーツだからこうする、スポーツの時間が終わったら別のもの、ということではないのだ。

単に肉体面における上半身下半身ではなく、自分の思考と発想を変えマインドをクリアーにすると、スポーツに必要な強靭でしなやかな下半身や体幹が出来てくる。

スポーツは人生、そして人生というスポーツを楽しむコツはヨガの中にある。a2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中