体育の日がある10月

温かな秋晴れのスポーツ日和のこの日。愛媛にてスポーツ選手の為のヨガクラスが開催された。

ワナカムヨガスクールで学び始めて少しずつ気づき始めた、マットの内と外とは繋がっているのだと言うことを。。そのマットの外に当たる生活の中にスポーツはある。

スポーツとは?私達はなぜスポーツをするのか?の問いから始まった。。

スポーツとはなんだろう?スポーツには身体を使った思考や計算、肉体鍛練の要素を含むフィジカル・マインドスポーツそして、適度に身体を動かし楽しむ為の遊戯的な要素を含むレクリエーションスポーツがある。

どちらであれそれらを行うことによって、この瞬間を味わい、楽しいや気持ちいい、集中やストレス発散、達成感などを感じているのだ。。

上半身、下半身のワークではスポーツ時に使われている所。それらは同じ動きを繰り返し同じ部位のみしか使われておらず、それが負担となり故障の原因となる。それをヨガのワークを行うことによってバランスを取り戻す。

日常生活もスポーツも同じ所のみを使っている傾向がある。ヨガでは、普段使っていない所や部位へと働きかける知恵があるのだ。。

つまり反対の動きを取り入れることによってバランスがとれるのだ。。と、マスターは言う。

バランス。。ここでふと、ある人の言葉を思い出した。

本当の変革というのは必ず対で現れてくる。。

どういう意味なんだろう?と、心の片隅に残っていた。その言葉の真意は今の私にはまだわからない。。

ただそこには何か目には見えないこの世界の法則のようなものを感じた。

長い間かかえてきた参加者の痛みはたった数分のワークによってバランスを取り戻す。

ヨガに初めて出会う人もヨガを行ってきた人も痛みがなくなり身体の軽さを体験すると驚きと共に笑顔が戻ってくる。

そして新しい発見があった。

マンドゥーカサナ、相変わらず痛くてプルプル震えてはいるけれど股関節や骨盤の辺りに微かなスペースが生まれ、新しい気持ちのよい風が入ってくるように感じた。

今まで何度となく行ってきたけど、初めての感覚だった。軽い。。

今日1日を通して、スポーツ選手の為のヨガクラスだけれど、バランスをとるという意味においては、どこで何をする人であろうと、このバランスは誰もが必要な事だ。

ヨガというのは本当にすべての枠を超えて、すべての人に対応しているのだと。。改めて思った日になりました。

新たな気づきの場を作ってくれた仲間といつも私達の理解が深まるよう導いて下さるマスターと円さんに心より感謝を込めて。

ありがとうございました。e

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中