ヴィジョンオブヨガを受講して~2015広島~㉑

yogaとは何かを考えさせられた時間でした。

そして今までいかにyogaを自分に合わせようとしていたのか自分がyogaに歩み寄るのではなく、ある意味yogaの上いかに自分が立つかというまったくの盲目の中で、自分の中にあるyogaを探そうとしていました。

見つかるはずもないので、yogaが何かも答えられないし分からないそれでもやっているというyogaという言葉を自分が流行りのように捉え、そこから足を踏み出す勇気も、自分で立ち上がる力ももたず、形としてyogaを捉えていました。yogaをアサナのポーズを取るものとして捉えていました。

けれど、私の中で拭えないyogaに対しての疑問がありました。なぜ内側にある痛みと向き合わないのか。自分では分かっている内側に問題を抱えているのを…。

その痛みを持ち続けたままアサナを追うことも、精神的な要素を何となくの情報で得ることも、これまた理解した気になり、自分の行動も考え方変わっていくところまでは正直つながりませんでした。

そして表面的にリラックスできたとしても、内側にある痛みが何なのかそこと向き合う方法は今までのyogaでは見つからなかっから、自然とyogaと離れていく自分を感じていました。

数年間特に誰のクラスも受けずに過ごしていたとき、何となく受けてみたマスターのWSでアサナの準備がある事を知りました。

たった一瞬のアサナの準備だけ自分の内側にあった、置いてきぼりにした、自分で自分を苦しめている原因と思える感情とリンクした時間。

これは間違いなく学ぶべきだ。学ばないといけない。と思いその場でVOYの受講を決めた自分の意思は間違っていませんでした。

yogaをいかに歪めていたのかということは、いかに自分自身を歪めて世界を捉えていたのかということ

yogaという言葉のつくものをしている事に肩書きをつけるような行為は、幸せを他人に求め、不幸を他人のせいにしていた自分自身を見つめているような気になりました。

何かに答えを出してもらうような生き方、捉え方をしていたのか。yogaをしているようでyogaからかけ離れていた自分、自分が自分自身からかけ離れていた事実に出会えました。

今やっと、yogaに触れ始めた、自分自身に触れ始めたそんな感覚です。

今でもモヤモヤと何かに駆り立てられるような、自分を責めてしまったり、誰かを責めたくなるような思考があるのは分かります。けれど、それを自分に取り入れるかどうかを選択できる。

今がある。それは真実なのかどうか、その思いはどこから来るのか。

今に戻り問う力を持っているという事をマスターも円先生も伝え続けてくださった気がします。

VOY広島ではまるでyogaを知らなかった自分に出会えました。だからこそ、yogaをはじめられる。自分に問う力を、また周りに問いシェアする勇気を大切に学びを続けていきたいと思います。

そして何よりも、一番みじかな旦那さんが少しずつ変化してきました。

今では体に不調を感じると、マッサージをするより、アサナの準備を一緒にしたがります。あんなに言葉で伝えるのが苦手だった人が少しづつ思っている事を言うようになってきました。

家族の中で一人でもyogaをマスターから学んでいる事は、子育て、夫婦関係、仕事、全てにおいて役に立つのかもしれない。だからこそ自分自身がもっと学びを深めていけたらいいなと自分が周りに、自分自身に良い影響をもたらすようでありたいそんな風に成長していきたいと日々自分の中で浮かんでくるアヒムサと向き合いながらも思います。

VOYとは人生における自分の視点を変えていける、人生におけるギフトのような時間でした。

本当にありがとうございました。nami (2)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中