ヴィジョンオブヨガを受講して~2015広島~㉕

私は2014東京に続いて2度目の受講のヴィジョンオブヨガ広島でしたが、あまり再受講生という自覚を持てないままに前期が始まっていました。そして始まってみてやっと、自分がいかに受け身で2回目の受講をしようとしていたのか、に気付きました。2回目にしてまだ、「教えてもらいに」来ていたのだと。

そして自発的に考え、行動することの大切さと難しさを痛感する前期となりました。

前期を終え、後期までの3ヶ月〜5ヶ月間の中期をどう過ごすかは受講生それぞれの意志にまかされるのですが、できるかぎりマスターのワークショップを受講することをおすすめします。

共に学ぶ仲間にも会うことができるし、もちろん師から直接叱咤激励してもらえる機会です。それまでの疑問を質問するも良し、近況報告でも良し、自分のクラスでの悩みや出来事をシェアする時間にもなり、継続して学ぶ大切さを改めて感じ、気が引き締まります。

そして同時に日常のなかにも常にマスターの教えを生かすことができるよう、考え続けること。私の場合、妙に考えすぎて、マインドに引っ張られることが多いのですが…でも、そのことに気付けたのもマスターから学んでいるからです

“これが自分だから、私はこういう考え方しかできないから”、と自分で自分を決めつけて、限界を勝手に設定して、そこから出ようとしていなかった。自分が快適ゾーンにいる、そんな視点が持てなかったのです。

視点を変える。それだけで人生はシンプルで、うつくしいものになる。そのことを日々少しずつ実感できるようになってきました。

特に地方に住んでいて、まわりにまだヴィジョンオブヨガ生がいなかったりして勉強会やワークショップに参加しづらい、と思っている場合。少し視点を変えて、今まで行ったことのない場所に出向き、ワークショップを受けてみましょう。

マスターは休む暇もなく私たちに種まきをするため各地を巡ってくださっています。インドに行くことを思えば、日本国内パスポート無しで動ける地方なんて本当に近いと思うのです。機会がなくなってから嘆いても遅いのです、「この師からもっと学びたい」と少しでも思っているのであれば、どんどん行動に移してください。そして、正しいヨガの効能を、正しく学び、正しく伝達できるように、継続して学びましょう。

古典ヨガの智慧に触れると、その深さに感動し、圧倒され、学び終えた、なんて思えることなどないでしょう。自分自身の小ささに果てしない気持ちになることもありますが、扉はそこにあります。

自分の手で開いていきましょう。自分が変われば、周りが変わります。周りの人たちが変われば、社会が変わっていく。ヨガは、社会を変えていく、大きな力になり得るのだということを、まずは私たちひとりひとりが信じて、学び、実践していきましょう。ワナカムヨガスクールでは、そんな大きな視点でヨガを学ぶことができます。7

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中