ヴィジョンオブヨガを受講して~2015広島~㉚

20日間が終わり、まず自分に学びの場が与えられていることに感謝しています。自分の成長に必要な課題が沢山あり、まだ自分のヴィジョンオブヨガは修了していません。

私がヴィジョンオブヨガ(以下VOYという)を知ったのは、初めて参加したワナカムヨガスクールのWSでした。そしてマスターと円先生に次にお会いしたのは、VOY初日でした。

ヨガの先生の出席率が高かったその最初のWSでVOY案内をいただいた時は、その日扱われた「マンドゥーカアーサナ」というアサナを知らないのは私だけだし、身体も固いし場違いなところに来てしまったかも、ティーチャートレーニングなんてヨガの先生になるつもりはないし、絶対無い!と思っていました。

しかしながら、ハタヨガの八肢則さえ知らなかった私がえらそうに何かを言える立場ではないのかもしれませんが、一度きりのWSでマスターのお話を聞いて、「ヨガを学ぶなら、この師しかいない」と感じていたのも事実でした。どうしてか、そのように強く思ったのです。

「弟子に準備ができた時、師が現れる」という言葉を知ったのは、その後のことです。

実は、マスターのフローのことも知らず、それは何かゆったりとした優雅なものだと文字から勝手に想像していたので、VOYでブートキャンプのようなことをして、終わった後にそれがフローだったと知り、衝撃的でした。そのフローの後の爽快感も新しい体験でした。

んな私でも今回再受講までできたのですから、自分には自信がないというだけで受講をためらっている方には、「大丈夫ですよ」と背中を押したいです。

初受講に関しては、私は様々なことに好奇心を持つ中、ヨガだけは趣味ではなくライフワークとして学びたいと思い、「なぜヨガに対してそう感じるのか?」「そもそもヨガとは何か?」「ヨガと他のスポーツの違いは何か?」を知りたくて、思いきって飛び込みました。

実際に学んでみて、ヨガは人間哲学なのだとわかりました。これが理解できて体験できたら、人生の一瞬一瞬が満たされることでしょう。だからどんな人がVOYを受けたらいいかと聞かれたら、人間なら誰でもと言えると思います。

一般的に何かを学ぶとき、それを学べば学ぶほど知識が増えてわかることが増えていくと期待するでしょう。しかしながら、私にとってヨガは、学べば学ぶほどその教えの深遠さを知り、自分がいかに無知であるかということを思い知らされるのです。

再受講では、自分が足りなかったことがより明確にわかるようになりました。そして、頭では「そういうことか」とわかったつもりがあっても、心での理解や体験というのがなかなかついてこないのです。これだけ聞くと、つらいことに聞こえるかもしれませんが、それは実は有難いことなのです。

自分に欠けていること、間違っていることがわからなくて、どうしてそれを補完、修正できるでしょうか?無意識だったものを意識できるようにするのです。

そして、それを愛情があるからこその厳しさで気づかせてくれる師がいるというのは、なんと幸運なことでしょうか。それは、自分が理由もわからず恐がっていることだったり、身体の動かせなかったところが動かせるようになることだったり…。書物をどれだけ読んだところで得られない体験がVOYにはあります。

20日間朝から晩まで自分の学びに使うことができるということは、この上なく幸せなことだと思います。マスターのお話ひとつひとつが、宝石のようなものだと感じて聞いていました。それなのに、それを自分の弱さで聞いた通りに実行できていないとき、自分が情けなくなるときもありますが、それも少しずつできるようにと取り組んでいます。

沢山の教えを下さりますが、自分を変えることができるのは自分だけです。でもそこには40名を超える仲間がいてくれます。同じマスター、円先生のお話を聞いてもひとりひとりの質問は異なり、それがまた自分に新しいものの見方を与えてくれる。くじけそうなときでも応援し合うことで持ち直せる。仲間からも学べるのです。そして、日常に戻った後の継続学習も、自己学習だけでなく、その仲間と勉強会を開いたりもできるのです。

初受講は、とにかく毎日必死で、最終日になって初めて自分がこれからヨガを学ぶスタートラインに立てるのかなという思いでした。再受講は、自分に何が足りていないのかがよりはっきりと見えてくるようになり、まだまだ消化しきれていないなと思います。まだ、スタートラインから一歩踏み出したところで、足踏みをしているのです。そこで消化しようと努力しています

マスターはおっしゃいます。大きな変化より、小さな変化が大切だと。私も、今の場所から走って進まなきゃとか、走りたいと思いません。また一方で、個人的に苦手としてきた身体の練習も、自分で決意して継続することによって、人の目には見えないような小さな変化ですが、やれば自分の身体は応えてくれるというのを感じています。

WSに参加するだけで満足されている方にもVOYでとことん自分を見つめる時間を作ることをお勧めします。VOYが家の基礎部分を作る集中工事であるならば、WSは師に定期的に会って、200時間中に打ち切れていなかった杭を打ち込んだり、窓枠にはめてたガラスのサイズが自分の見当違いでズレてることに気づいて直すとか、知らないうちに鍵をかけて空かなくなってしまったドアを開ける鍵を見つけるヒントをいただきにいくような場所だと思います。

大変でも、一度基礎工事をしておいて改修工事するのと、今もっている家にちょっとずつ改修をするのとでは、大違いだと思います。yo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中