ハタヨガ基礎講座VYS20に参加して

「そのマットの間を、自分と他人との間を、愛で埋めなければ、本当に孤独になる。

人は孤独だと、自分勝手に、どんどん利己的になる。そして一生孤独に生きていくことになる。

マットの間を愛で埋めなさい。」

そんな言葉で始まった3日間。

つい2週間前に終わったVOY広島のテーマは『コミュニケーション』

そう。大切なことは何一つ変わらない。

なぜ開始時間までに隣の人と自己紹介をしなかったのか。その理由を考えるところから学びは始まった。

緊張してたから、恥ずかしかったから、隣の人が集中してそうだったから、時間に余裕がなく周りを見る余裕もなかったから。そうやって、私たちは言い訳をする。

マットの間の溝を作っているのは、自分なのに。

自分と向き合わず、見たくないものから目をそらして、見ていてもそのままにして、受容やら俯瞰やら最もらしい言い訳をして逃げて、自らで自らの心を傷つけ続けているのだ。

そしてその心の傷は見えなくてもその傷が身体や精神を病ませていく。

心の傷がどれだけ身体を痛めているか、心の傷がどれだけ病という名で表面化するか。11988515_10207817220806430_8924121985473100252_n

よくヨガは「心と身体を繋ぐもの」と言われる。

ヨガをすると身体も伸びて気持いいし頭がスッキリして心がリフレッシュするから、繋がっていることを「なんとなく」感じている人は多いと思う。

でも、ヨガは応急処置するものではないのだ。もちろん一時のEGOや欲求を満たすものでもない。

自分と向かい合い変えていくこと。自分の力で。

身体の緊張を知り、心の緊張にも気づくこと。

その緊張に気づいたら身体を緩ませて心も緩ませること。

心のくせに気づいて変えていくこと。

愛をもって時に自分を律すること。

自分に愛をもてばマットの間も愛で埋めることができる。

ヨガを学ぶとは、自分を知り、生き方を学ぶことなのだ。

分かっていても残念ながら人は弱い。実は私も冒頭の自己紹介はできなかった。

ただ「私は学んだのにまだわかっていない」と落ち込みもしないし、「私、人見知りだからね」と開き直ったりしない。

今の自分を知ることが出来て、やはり学び続けねばならない。そのことを痛感した3日間だった。

ワナカムヨガスクールはその名の通り、「学校」だ。

私たちには学ぶ場所がある。

さあ学び続けよう!!12274461_10207820085278040_3467333910939385394_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中