アジャストメント講座を受講して

アジャストとは?調整、調節。
ではなにを調整するのか?
ヨガでいうアジャストとは、単純に思うことは、指導者の為の生徒さんへのお直し法を学ぶこと。
では、師の教えるアジャストとは…
人間のもつ本質をアジャストするためのものであり、肉体から働きかけて、内面にも効果をもたらし、精神に向かい、正しい知性をもたらすとのこと
知性とはどうはぐくむか?
その問にみんなが考えあぐねた中、くださった答えは、「聞くこと」でした
ありのままを、そのまんま自分の解釈をもたらさずに聞くこと
都合のいいことだけ聞いて、取り込んで、嫌なことは耳をふさぐ
自分の知ってることとつなげてわかったふりをする
それをやめることをはじめよう、と。
そして、それをしたらどうなる?と、また無理くそわかろうとする自分を手放して、わからないことを楽しみ始める日にする。
そんなふうに、今行うべきことを聞きました。

そして、練習がはじまりました。
皆さまから希望のアサナを聞き、そこからなぜアサナで手が、足が持てないか?
誰もが苦手としやすい後屈だと思いがちなアサナも、正しい理解ではまったく違ったもの。
そして正しい準備を習い、実践。痛みのないアサナへの準備。
こんなふうに近づいていくんですか?の、びっくりの入り方。
そして、その練習は、知らず知らずのうちに気づきをもたらし、自己の調整をもたらしていくものでした。
痛みのないからだをもたらすためのものであり、いまの自分に必要なものに気づく。

そして、この日 師は夜遅くの便でインドに帰られました。
人生にたった一度だけ訪れる別れ、お見送りにむけて。
一分一秒でも早く帰りたいときにもその想いをかくさず、無理をするのでもなく、いまご自身がするべきこと、「わたしたちに教えをくださること」を行ってから、急な帰国の途につきました。
その姿勢から、どんなときでも自分の義務をやりぬく姿勢を学び、この日本の地で教えてもらえるありがたさを知りました。
最後のお言葉「ヨガとは人生におこりうるあらゆる問題に対処していくこと」
今日しかできない学びとなりました。12717619_10208474990650265_5604672005150956669_n

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中