ヴィジョンオブヨガ2015-16を受講して⑬

前期と後期の20日間は、わたしの今までの人生の中でとても集中してひとつのことに没頭できた、とても濃い時間でした。
学校の勉強もこんなふうに取り組めたらよかったなと思うほど、学ぶことの楽しさを感じられたし、もっと知りたい。と思いました。

WSに1回参加しただけでVOYに行ったので、前期の前半は戸惑いました。50人もの大人が、謎のインド人の先生をとても信頼していて少し怖いかも‥というのが正直な気持ちでした。
初対面の人とのハグや輪の中に入れずお昼には外の公園に1人でいたり、ドクターの座学に全くついていけずただただ疲れたり‥
わたしが想像していたTTとは全くちがっていました。
でも東京まで来てしまった以上逃げ出すことはできなかったので、満員電車にげっそりしながらも新宿まで通いました。

今まで聞かされたことのないような「自分への、生きるあり方」のようなマスターのお話を毎日聞いていると、わたしは30年も生きてきたのに自分のことを何も知らないし、知ろうとしていないことにまず気付きました。いろんな出来事があったはずだし、そのたびに考える場面があって乗り越えることで人として歩む楽しみや苦しみがあるのに、わたしは出来事をただやりすごしていて、その時に感じることに向き合っていなかったから30歳の今でもこんなにからっぽなんだな。と自分に欠けていることが明らかになりました。
そう思ってから、それに気付くきっかけをくださったマスターのことばはとても重みがましたし、その時からわたしの中でマスターへの信頼がうまれたんだと思います。

後期の最後お食事会で言った「いい大人」というフレーズ。
ネガティブな意味ではなくて、みんな素敵な大人に見えるし、わたしよりも人生の先輩がたくさん集まっているのに、それぞれ悩みや問題をかかえていて、それを閉じ込めずここに参加して共有したり、解決している事がありがたい事で、それをわかっていて何度も再受講しているリピーターの方がすごいな。と思いました。ことば通りの「いい大人」になろうとしているような気がして。そんな素敵なみなさんに囲まれて20日間学べたことがわたしには「いい大人」になるための第一歩で、先輩たちに出会えたことがすごくありがたいことでした。

VOYを終えていちばんに感じた事は、これから!ということ。学ぶこと、気付くことがどんなものかを教えてもらった期間を終えた今からがスタートと感じました。
5月の小松WSも楽しみ!!

ちょうど1年前ヨガをしたい!と思い、3ヶ月後にWSでマスターと出会い、何気なくVOYに誘われたのをうのみにして参加した結果が、こんな劇的にわたしの中身がかわるなんて1年前にはまったく想像してなかった!
「全てはつながっている」ことを体感してしまった以上、これから起こることにちゃんと向き合って、嫌な事ならポジティブに、良い事ならおもいっきり楽しく受けとめていきたいと思います。13

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中