ヴィジョンオブヨガ2015-16を受講して⑤

ヴィジョンの20日間を通して、人生でもヨガでも、自分がどんなにひどい状況でもそれなりにやるべき事があると、解りました。

「自分を過小評価」という言葉は、はっとさせられました。過大評価はできなくても、過小評価し過ぎる事はないということ。とかく日本人に多いと思われがちという事。この「日本人」だったり「女」だったり「身体が硬い」など、いちいち理由付けする瞬間も解るようになりました。そして、反応から対応をするようにもなりました。それにより、とても生きやすくなりました。
人間は、過去に悩み、未来を悩みという事も解りました。この瞬間。瞬間をなぜ大切に生きないのか?そして、他人に対する、自分に対する悪い感情は特にこの事が関わっていると思いました。
過去は過去。師の言葉が忘れられません。
この事で、神経をすり減らしている人に随分とこの話しをしたら、皆顔色が良くなりました。人生でヨガに出会えた事だけでもすごくラッキーな事で、しかも、ヴィジョンに縁があって参加出来たのも本当に大きな力があると信じています。
インド哲学はまだまだ時間がかかりそうですが、先人が残してくれた物なので、少しずつでも咀嚼して自分の中に入れて行けたらと思います。
不思議な事に、ヴィジョン中から、朝4:30−5:00に爽やかに目が覚めるようになりました。ヴィジョン中は良いのですが、日常生活はそれでは日中眠くなり、起きて一連の作業を終えてまた寝るといった生活を送っています。早寝をしたいのですが、仕事がありどうしても出来ないというのも自分のルールなのかと書いていて思ってしまいました。
身体の為には、夜の仕事を手放すのが筋なのですが、行動を起こしてみても辞める事が出来ないのが現状です。誰もやりたくない時間に働く自分。そして、それが役に立っているという現実。これもこれでヨガ的ではあるかと思い暗中模索の中続けています。
一日一善は出来るのですが、自然にしていたいのに、これは「一日一善」だと考えてしまうのに悩んでいます。自分が、世の中を俯瞰したりして、すこし落ち着いてしまったような気がします。
特に、水シャワーのお陰で、インドで水しかないシャワーに耐えられ、それから水風呂に入ったら、ますます自分の性格が変わったような気がします。何かに関して、文句を言う事があまりなくなったと思います。
水シャワーを何の為にするかと教えないで、「考えろ」という師の教えを体験出来て本当に良かったと思います。
書ききれない程の素晴らしい体験を一生の宝としてこれからも、毎日がお祭りになるように過ごします。5

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中