ヴィジョンオブヨガ2015-16を受講して㉒

今回、ヴィジョンオブヨガを受講させていただいて、多くのことに気付くことが出来ました。

もともと、ヴィジョンオブヨガの受講理由は「自分自身を変えたい」という理由がひとつと、もうひとつは、「ヨガを指導する立場として、マスターに本質的なヨガを学ばなければいけない」という直感があったからですが、やはりその直感は正しく、予想以上の学びを得られました。

 

ヨガに出会って10年近くになります。ヨガに惹かれ、ヨガを知りたいという想いで学んできました。学んできたつもりだったのですが、、、全く学んでいなかったことに気付きました。

 

例えばひとつの言葉の意味についてこれほど深く考えた事はありませんでした。

ブッディの意味はこれで、チッタはこれで、という短絡的な学校教育の試験の為の勉強のような知識の入れ方。その無意味さに気付きました。

 

マスターのお話を毎日おうかがいしながら、自分の中のエゴがどれだけ私の本質を隠しているのかに気付かされました。そしてどれだけ自分が自分に向き合えていないかということも。

私はずっと本質の自分に出会いたい!と思って来ました。このよくわからない閉塞感と矛盾の中から抜け出して、恐れだらけのエゴの自分ではなく本質の自分で生きたいと望んでいました。

マスターが講座初日に仰ったのは10日間でIDを手放すこと。勇気を持って手放せば新しい自分に出会う!と。本物の自分ではなく、今までの人生で作り上げた外側の自分(ID)を手放すために、コンフォートゾーンから出ることが必要だと。

 

そして内側と外側の真ん中にひとつのライトを置いて自分自身を調和させることが必要だと。理屈として、頭ではわかっても、それがとても難しいと今感じています。エゴがどんどん声を荒げてくる時もあります。そんな時は、マスターが仰ったようにエゴを影にする、という選択を自分で出来ることを思い出すようにしています。

 

一番変わった事と言えば、何か私の中で強い反応が起こった時に、これは反応?!と気付けて、冷静に対応出来るようになってきた事だと思います。ヴィジョンオブヨガを受講する前は、生理前になると感情コントロールが難しくなって、小さなことでも何か自分の意見を否定されると怒りが生まれていました。その裏には悲しみがありました。自分ではなぜだか良くわからないのですが、自分の傷がそうさせるのだということが理解出来るようになりました。

 

強い反応の裏には傷があるんだということがわかりました。持っている傷は人それぞれだけど、その傷に触れた時に人は感情にのまれ、俯瞰が難しくなり、苦しむのだと。

 

そしてわからない、という。わからない=逃げたいということなのだということも。

それが理解出来ると、少し自分のことが理解出来るようになり、人のことも理解出来るようになりました。

私には、もっともっと自分との対話が必要だと感じました。向き合っているつもりで一体どれだけのことから逃げているんだろう?と途方に暮れるぐらい。でもその必要性に気付けて本当に良かったと思います。

本当にヴィジョンオブヨガはスタートでした。今からやっとヨガを学び始めるのかもしれません。

 

アサナに関しても、毎日が目から鱗でした。今までアサナで身体を痛めた経験はあっても本当の効能を感じた事がありませんでした。マスターから学んだことで、やっとヨガを信じられることが出来る気がしています。

本当にまだまだスタートラインですが、今から学んだことをしっかりと自分の中に落とし込んで、学び続けたいと思います。

マスターとドクター、円さん、諸先輩方、一緒に学び合えた仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。22

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中