セルフヒーリング – スーリヤワナカム入門編@藤沢(1)

セルフヒーリング・スーリヤワナカム入門編@藤沢

 

このWSは、VOY藤沢 Part4 最終日前夜に行われました。受講生の家族や友達、地元藤沢近辺の方々が大勢参加され、賑やかでそして暖かく和やかな空気の会場。そんな光景をマスターはいつも静かに見守ってくださっています。

 

さて、この日は「マインドとは何か?」という問い掛けからスタートしました。

咄嗟にワタシの中で「あ…この質問前にもあったな。なんだっけ?正しい答えって…」と模範的解答を探しだします。正しいか否か。既に知っているものに反応する。これがまさにマインド!そしていつも、緊張し不安でおびえている(ワタシが?マインドが?)

 

マスターは「知っていることと知らないこと、この境界線を知ることである」とおっしゃいました。どこまで知っていて、どこからが知らないのか?

本当に知っているのか?それとも知ってるつもりなのか?知ってると思い込んでいるのか?

それすらも気付けない私たちのマインド。マインドは常に過去か未来しか見ていない。

 

さらに「今の肉体においても、出来ることと出来ないこと、この境界線を知ることである」と続けられました。

これは出来る、これは出来ないと思い込んでいること。この「境界線」とは… 過去でも未来でもなく、今この瞬間であるってことか!?

知る知らないでも、出来る出来ないでもなく、今ここにあるということ。

この対極にある二元性を手放すことで、今の本当の自分を感じることができる。

 

とは言え、その肉体の上での境界線を知るには気付きの叫びが必ず伴うわけで。

出来ていると思って使っていなかった部分、もう出来ないと諦めて使っていなかった部分、それすらも解らなく初めて気付かされた部分、そしてそれは肉体のみに限らず、閉ざされ錆び付いた私たちのココロがほどけていく気付きの声!言うまでもなく会場中が気付きの大合唱となったわけですが、その後の晴々とした爽快な笑顔もまた言うまでもなく。

 

わたしたちのマインドはいつも過去のことや、まだ来ていない未来のことを際限なく考え続けます。それは、私たちの感覚的なものをとても鈍くしてしまう。境界線を知るということ、今この一瞬に気付きをもたらすということ。

師はいつも、その時の私達に必用なことを説いてくださいます。

日常こそが実践の場。精進してまいります。f1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中