ヨガセラピー腰編

マスターはいつも仰います。『ヨガをしているということは痛み知らずのはず』

毎日の練習が痛みを取り除いているはずでしたが、腰セラピー最終章にして振り出しに戻らざるを得ない事態が発生。

 

3か月連続の腰セラピー、これまでの3か月間の疑問・質問が飛び交う中で、第一回目の宿題のワークで腰に負担がかかってしまった人が数人いました。その数人にかかわらず、ほぼ全員が正しくきちんとその宿題を行えていなかったのです。

 

そこからはもう、怒涛の2時間!?時間を忘れるほどの集中と自分の弱さと葛藤・・・

マスターは、受講生一人一人のお直しに入り、ポジションを1mm単位で丁寧に見てくださった。結果、身体の芯まで染み込むほど『正しい』宿題のワークを体験させてもらえました。

これまで3か月やってきた事は、自分を甘やかして自分なりの解釈でやってきてしまったに過ぎませんでした。

 

一通り終えた後の会場の雰囲気がなんとも印象的でした。全員の意識がポワンと抜けた感覚。目がトローンとまぶたとまぶたがくっつきそうで、不思議な身体の軽さと心地よさに包まれていました。マスターは背骨の中の老廃物や、ブロックされたナディが正しく通ると眠くなると仰っていました。

 

私達は、自分の聞きたい事だけを聞き、見たいところだけを見て、これであっていると思い込んで、自分なりの解釈に変換してしまい、自ら痛みを作り上げてしまっています。

日常生活でもいつも同じ思考パターンに陥ることなく、自分の解釈に変換することなく、思い込みを手放す。腰痛や痛みを取り除く為に、いろいろな身体のワークを習ったが、身体をどうにかすることよりもまず、凝り固まった私の思考・内側を柔らかくする事で、自然と腰の痛みも身体も変わってくるのでしょう。

 

腰痛に悩んでいる方が本当に多いと思うこの世の中。根本からの原因を突き止め、身体へのアプローチ。古典ヨガを学ぶことで少なくとも腰痛人口もガクンと減るに違いない!

koshi

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中