快眠フロー@京都

130人もの人が集まった京都妙満寺。

健康のバロメーターともなる睡眠に興味のある方が多数いらっしゃるということ。それと同時に睡眠に何かしら問題や悩みを抱えておられる方も多数いらっしゃるという現実。

24時間のうち1/3を睡眠に費やすことを考えると、心地よい睡眠を得ることはとても大切なことです。

皆さん眠りに誘われて来られたにもかかわらず、マスターの小話に笑いが巻き起こり、静かなというよりは、にぎやかな夜。

元気すぎて本当に眠れるのかという不安。とは言えこんなにたくさんの方が集まってこられたこと、とても嬉しかったです。

 

今回、以前から睡眠に問題があることを聞いていた友人を誘っての参加でした。彼女はマスターのWSも二度目で、とても楽しみにしていてくれました。高校を卒業して二十数年ぶりに再会した彼女は以前と変わらずきれいで輝いています。

だけど内側では色んな問題を抱えていました。過去に家族とのことで悩み、身体の内側も外側も傷つき、完全には良くなっていません。時にそれが思わしくなく、寝込んでしまうこともしばしば。

彼女自身、本来の健康を取り戻したいと思いヨガを始めた反面、この身体とうまく付き合っていくしかないのだと思う気持ちも半分だったそう。

だからこそ、ワーク中の彼女の笑顔がとても印象的で、私もとても嬉しかったです。

 

一連のワーク解説の後、130人による圧巻の快眠フロー。これまたとても賑やかに終わりましたが、動きが止まるとあくびをする方もちらほら見えました。

そして長めのシャバーサナ。

実は私はというとやはり友人のことが気になって眠れなかったのですが、心地よく眠ってる方が大半!快眠フローの効能をしっかりと体験しました。

そして友人も残念ながらその場では眠れなかったと言っていましたが、マスターからワークもしてもらい、その日はいつもよりも眠りが深かったように感じてリラックスできたと言ってくれました。

 

人から羨望のまなざしで見られることが多い彼女は、その目がとてもしんどいのだと言います。彼女を前にして無力な自分に腹立たしく思いますが、マスターは彼女をWSに誘ったこと、そして足を運んでもらえた時点でもう救っているのだと仰ってくださいました。

まだまだ力不足ではあるけれど、たくさんの仮面をいらないものだと、『草は草の如く、月は月の如く。ありのままの私でいたい』という彼女のそばで、手助けをしていきたいと思ったWSでした。sleep

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中