ヴィジョンオブヴィヤガラーサナ パート2

自分自身の虎を暴れさせない!

 

ヴィヤガラーサナとは、猫でもなく牛でもない、虎のポーズ。そのストーリーや身体への効能はもちろん、内面の効能まで壮大すぎて圧倒されていたPart1。

 

Part2では、ガチガチな身体に力任せで足を上げていた自分が、1分にも満たないワークで力が抜けた瞬間に足は高く高く上がり、身体もふわっと楽になり、自分の身体が言う事を聞いた。足が上がる事、身体が楽になる事はもちろん良いことだが、まずその前の段階で身体の不調和はどこからやってくるのか見つめなければならかった。

 

良くない・間違っていると思いながらもしてしまう習慣や、それを正当化する言い訳。こうした自分の中の虎(動物)の資質に固執する時、身体に不調和が生じてくる。

すでに不調和が生じていた私の身体。ヴィジョンオブヨガを受講してから、何かが変わった・成長したと思っていたけれど、内側の虎が吠えたまま日々を送っていたのであれば、何かが変わったということは真の成長ではなかったみたいだ。形を変え、場所を変え、新しい自分になったと錯覚していただけだったかもしれない。

 

『動物は良いも・悪いも分かっていない。人間は、正しい事・間違っている事を判断できる。動物はダルマを持っていないが、人間はダルマを遂行する義務がある』

 

ダルマもカルマもまだまだ理解しきれていないけれど、虎の資質を持っている事、自分自身の虎の声に気づき、暴れさせないように、乗っ取られないように、一つ一つの声を注意深く聞き対応していく事で、虎を乗りこなしていく事ができるのだろう。

 

なんとも難しいけれど、永遠と低空飛行を迷い続けながら回旋する人生なのか、それとも高く空へ自由に飛び回れる人生なのか。私達は自分でそれを決められるのだ!

 

以前まで、サラッと行っていたあの猫のポーズが!まさかこんなに難しく、効能が高かったなんて思いもしなかった。虎のポーズ・ヴィヤガラーサナは奥深すぎるが、学べる事がこんなに嬉しいのは私だけではないはず!vttc2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中