快適な日常生活の為のヨガ @埼玉県飯能(1)

飯能WS(快適な日常生活の為のヨガ)

 

今回のWSは母と一緒に参加。実家に帰り一緒に食事をしたり旅行に行くことはあっても、二人でマットを並べヨガをするのは初めての体験でした。

母はヨガ教室などにも通っていないので、このWSに参加するのにも不安があったようですが、会場に入るとワナカム生が声をかけてくれ、お話をすることで不安も和らいだそうです。

 

マスターのお話しは「皆さんの住んでいるのは家なのか?それとも刑務所なのか?」の質問から始まりました。

当然、家ですよね?でもその家で本当にリラックスできて快適に過ごせているのか?

続いての質問は「家と刑務所の違いとは?」

しなくてはいけない(強制)→刑務所、したい(やりたい)ことをする→家

家にいながらも刑務所で過ごしているような「しなくてはいけない」と日常を過ごしてはないだろうか?

日常の状況の捉え方一つでその後の人生も変わってくる。

改めてヨガとはマットの上だけで行うものではなく日常にいかせてヨガなんだと

思いました。

 

マスターの小話にうなずいている母、そして上半身の痛みと下半身の痛みのポイントを体験。ほとんどが痛い、というより気づきが多いようです。

色々固めてきたのだなと、娘として改めて思いました。

そしてこのポイントを組み込みフローへ。

母はVOYの先輩に傍について頂きながら独り占めして、痛みに顔を歪める時もありましたが頑張っていました。

そんな母を見ながら、ふと昔母が話してくれたことを思い出しました。

私は生まれたとき両足を脱臼していたそうで、母はただただ歩けるようになってほしいと願ったそうです。

今度は私が母の膝の痛みを改善できたらと思います。

 

帰り際、母が「お父さんへの対応にも反省だね」「お父さんは頑固でわがまま」これも見方を変えるっていうことね?と言いました。

ヨガを考え始めた母。また次回会う時はヨガ談義ができるのが楽しみです。

そして次の朝、電話で「筋肉痛とかもなく体が軽いの。また大宮のWSも

参加します」と話していました。

 

今回のWSでは私だけではなく、母も父や兄に対しての考え方に変化が持てたように思います。有意義な土曜日となりました。ありがとうございました。han1

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中