VOY生限定継続学習2016秋 パート1 @横浜(2)

『ヨガの実践者であるか?』

マスターのこの問いかけで始まったの、継続学習Part①。

継続学習というのは、visionofyoga200時間を終えた方を対象とした学びです。

そのため、初めてワナカムヨガスクールに参加される方も多いWSの雰囲気とは異なり、VOY生へと向けた、厳しくも愛がベースにあるマスターのお言葉をいただきました。

 

『日々の自分のプラクティスで、すべてのアサナをしているのか?知識を増やしていくことと、実践し咀嚼することは、全然違う。ヨガの実践者になりなさい。自分と対話をし続けなさい。』

 

マスターは、私たちが理解しやすいような例え話をしてくれます。

ワナカムで学んだことをリンゴに例え、マスターからいただいたリンゴを自分が味わうことなく他者へ渡してはいないだろうかと問いかけます。

マスターが撒いてくれた種を、私たちが育て、その果実を他者へ手渡すことの大切さ。

まず私たち自身が果実を味わい、種を蒔き育て、他者へもその果実を手渡していく。

その過程の中にこそ、自分が変わり、自分のまわりが変化していくという本質があるに違いないと感じた言葉でした。

 

そして、スリヤナマスカーラ(太陽礼拝)から始まったフロー。基本的なフローだったにも関わらず、滝のような汗。フローの後半に窓が開け放たれ、新しい風がこんなに心地良いのかと感じたことを覚えています。

スリヤナマスカーラから徐々にアサナへと展開し、『スリヤナマスカーラはアサナの準備である。アサナへと繋がっていく。』ということを体感した継続学習でした。

 

フローの後、マスターからこの日集まったメンバーへ『このメンバーで合宿し、継続して学ぶこと』という提案をいただきました。

仲間は、今までひとりで頑張っていた私たちに与えてくれた宝です。学び続けたいと望み、自分たちで企画し仲間で集い、合宿へと繋げたく思っています。

 

今回、初めて幹事のひとりとして合宿へと繋げていきます。ボキャブラリーに乏しく、コミュニケーションやまとめるetc得意ではないですが、私の中で苦手と思っているものを少なくしていきたいと思っています。

 

『ヨガの実践者でありつづけること。』

ces2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中