2夜連続ヨガセラピー@京都(2)

100名ほど近い熱気溢れる参加者の中、マスターのお話からスタート。

私たちの行動は怖れに基づいているのか、愛に基づいているのか。そんな質問から始まりました。

周囲の方と数人でグループを作り皆で話し合います。初めは、「愛に基づいて行動してると思うな~」と。ところが…話していく内に「愛からだと思ってたけど、それって実は押し付けかな?」「そうなって欲しいと思うのは自分であって相手ではないよね?」「あれ?もしかして恐れから行動してる…?」3人で話をしていましたが、段々と最初に話していた方向からどんどん変わっていきます。最終的に全員が「実はほとんど恐れから行動していた!」と意見が一致しました。

最終的に自分自身で気付くという方向に自然と導くマスターの手腕。内を向いて自ら気付いていく様を見ていくのはとても素晴らしかった。それぞれが本当は正直に誠実に生きていきたいのだなと感じられます。

 

そして、20代の女性が、てんかんを治したいとの思いでマスターの元でヨガを学んでいます。今回、勇気をもってこの会場まで一人でやって来られました。普段一人で乗り継いだことのないバスと電車に乗って…。その彼女の変わりたい!と願う気持ち、それを行動に移す勇気、決心から、私たちは学ぶことが沢山あります。

人と比べ自分の能力以上に頑張ることで、私たちは肩に力が入ります。思い当たることが沢山…。

自身を振り返り、冒頭のように自分の行動の源がどこから来ているのかがわかるようになれば、自ずと行動を恐れから愛へと変えていくことが出来るのだということ。

その後の肩セラピーのワークとフローはそんな自身の在り方にフォーカスしながら今までしたことのない初めての動きを繋げていきます。

 

どこに手をおいてそしてこの形…全ての動きに意味があるマスターのフロー。

ワークショップ終盤、まだ10代の男の子がマスターに首を触られるとビックリするほど痛がり逃げようとするという場面がありました。マスターはしっかりと捉えてその子にとって今、必要なことをします。そして励ましの言葉を彼に伝えます。マスターのどんな行動も全て愛に基づいている…。愛に基づいて行動するということを全身で学んだセラピーでした。kyoto23

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中