VOY生限定継続学習パート3

2016/11/12VOY生限定継続学習

時間、家庭や仕事などそれぞれの事情、お金、いろんな制約ののなか学び続けているVOY生。出来ることなら端から端までどの学びも受け取りたいと思う。それが叶わないのであれば、優先順位の上位にあるのがVOY生限定継続学習だ。

 

2016年の秋、9月横浜、10月愛知蒲郡、11月東京と3か月に渡って続いた継続学習の締めくくりとなった今回。

今後数年間のマスターのヴィジョンをまずはシェアして頂いた。こんなお話を聞けるのも継続学習ならではのお楽しみだ。数年間マスターの元でヨガを学んできたが、当たり前だが、まだまだ長いヨガの道のほんの一歩二歩を踏み出したかに過ぎず、この先にまだまだ未知のまだ見ぬ世界が待っているのかと思うとわくわくする。自分が見えていない世界が広がっているわくわくする感じが好きだ。大人になってからもなお、こんなふうに学びが続くことが本当に嬉しい。

 

そして、後半は恒例のハードトレーニング。フローの後、マスターはいつも言う。自分の限界を決めているのは、自分に他ならないと。

うそー、もう無理~~。隣で仲間の雄たけびが聞こえてくる。でも、誰一人として、その後そこに倒れてしまった人はいない。出来るんだよねと思う、終わった後に。でも、やっている最中は、マインドの声をなかなか打ち消せない。体が本当にダメになる前に、マインドが叫んでしまう。そして、あっとそちらに飛びついて体の動きを止めてしまう。

次のこそは、マインドの声を聞くのを、一回でも減らそう。少しずつでいいから前進したい。

 

フローを終えた後の充実感も素晴らしい。マスターのフローは人生の当たり前のことをシンプルに経験する時間だ。がんばれば、そのあとには達成感、充実感がある。苦しいときに、あとちょっとがんばることが必要なこと。大人になって、ごまかすこと、逃げることは上手になった。でも、ぐっと乗り越える練習を何度してきただろう。

 

ヨガは信頼する師のもとで学ぶものだと痛感した継続学習でした。そして、信頼する師が今目の前にいて下さる幸運のもと、いつも一歩を踏み出すのは自分自身なのだと改めて思いました。voyces

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中