2017.2.5 大宮ワークショップ(2)

今回のWSもマスターのお話から始まりました。

自分の中の、わかった。わかっている。を手放して100%の聞き手でいてください。

「私の夫はいつもこうなんです。」「こういう人なんです。」を手放せば、このWSのあと、周りの人の言葉が聞ける人になっているはず。

一瞬一瞬が驚きの連続でワクワクしているはず。もし何かわからない事に出会っても、「全然わからないな」とワクワク楽しんでください。

 

いつもいつもマスターが、私達に言ってくださる事。毎回毎回辛抱強く伝えてくださる事。

冒頭から、愛に溢れていた。

 

はじめの2時間は、アサナの効能 下半身編

私達は、肉体でもマインドでも、消化という作業を行っている。〜しなきゃならない、こうしないと怒られる、という思考が身体の中で結び目を作っている。

身体の中を通っている7万2千のナディに結び目が出来て、それが硬くなって痛みになっていく。

下半身は、不浄な物が溜まる所。不要な考え。嫌だなーという考えが溜まる所。

 

痛みが表層に出て来ているのなら、その奥に必ず何か原因があるはず。

その根本はマインドなのか?肉体レベル(日常の癖など)なのか?根本の考え方をかえた時に、痛みはなくなる。とのお話があった。

参加者の「えー」という表情に私もワクワクした。

 

実際のワークは、腰が痛い人。膝が痛い人。坐骨神経痛の人。

マスターが痛みを取っていく。私にはお馴染みの光景だが、初めて方は、すごーい!あれー!正座が出来てる!そんな笑顔をみているだけで本当に嬉しかった。

 

後半2時間は、上半身編。

上半身の痛みは、言えなかった一言、握っていて手放していないもの、溜め込んでいるものが原因だよ。と教えてくださる。

山の綺麗な水も、5年間同じ場所に放置しておけば必ず濁ってくるはず。

いい思い出さえも、ずっと握りしめていないで手放そう。そう教えてくださいました。

 

首が左右に捻ると痛い人。上下に倒すと痛い人。肘が痛い人。

簡単な動きに見えて、実際やってみると難しかったり。とても新鮮な時間でした。

 

今回のWSは、私の生徒さんも多く参加してくださり、その方々の表情がとても明るく、皆がやったー!というお顔で帰られた事がとても嬉しかったです。

 

1人の方が、帰り際に「マスターは、全然偉ぶってない。痛い。わからない。という私達の所までおりてきて、丁寧に教えてくださる。素晴らしいかたですね。」とお声かけくださいました。

そして、「先生(私)のヨガをしていけば、必ず良くなると信じることができました。」とも言ってくださいました。

改めて、大切な生徒さんの体をお預かりしていることに気づき、愛を持ってレッスンをしていこう。と強く思いました。

 

ヨガを学んでいると、これで良いのか?不安になることがあります。そんな時も、ワナカムの仲間がいてくれること、そしてマスターや円さんがいてくださることがどれ程有難いか。

今回は特に「信じる」こと。ヨガを信じ、仲間を信じ、そして自分を信じることができ始めた自分に気づく事ができました。

自分の根っこにある不安。自分を信じきれていないこと。いつも「こわい」を抱えて生きている自分を少し手放せたような気がします。

 

マスターがいつもおっしゃってくださること。何をしても、瞬間瞬間に手放せば、全ての事がハッピーになる。笑顔になる。その笑顔がどんどん広がっていく。それが、ちゃんと目の前で見れた気がして、ストンと自分の中に落ちてきました。

 

最後に、ヨガとは行動する事。まずは、ご両親にありがとうとごめんなさいを伝えてください、といわれました。

心の中で思ったら、ちゃんと行動しよう。行動する事で良くない結果になったとしてもそれでいい。行動する事で、自分を責めないでいられる。瞬間瞬間思いを手放して、生きていこう。そう思いました。

image

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中