2017.4.23 名古屋ワークショップ(2)

「基礎とは?」「ヨガの基礎的な資質とは?」「人間としての資質とは?」問いかけから始まった指導者向けクラス。

しばらくの間沈黙が続く。私も心に浮ぶ言葉はあっても音としての言葉が出ない。

沈黙を破るかのようにひとりの参加者が「勇気」と発言した。あ…実は私の浮かんだ言葉も「勇気」であった。そう、正に私に欠けている勇気。そして「私が言えばよかった」と後悔のような言い訳のような感情が直ちに起る厄介者だ。

 

わずか数分の間にも私達の内側は揺れ動く。一方、その言葉にもその後の数人の発言にもマスターは静かに首を横に振り、導かれた言葉は「博愛(カルーナ)・慈愛」であった。

本来、私達人間誰もが持っているものだが、エゴにまみれてわからなくなっているらしい。ヨガにおいても私のヨガは正しい、人生においても私は、私が…と、正当化し利己的になり視界を狭めている。

博愛(カルーナ)が自分に対しても大きく育った時は外へも広がり、指導者であるならば生徒さんを間違った道へ導くことはない。

博愛(カルーナ)が育っていない時に、肉体的、内面的、感情的、知的…全てを知らず知らずに傷つけている。そこに気付けない自分が自分を苦しめる。

ふと、数人の友人の顔が浮かぶ。彼女達には広がりを感じる。愛情と博愛は違うのだ。

 

休憩の後はHip Opening

カルーナが育っていない私達の老廃物は下半身に溜まっていく。その滞りを手放すべくシュクシュマヴィヤーヤマへ。

 

自分の弱いところがはっきりと認識できる時間。日常では間違うことを恐れ、ヨガでは真実と向き合うことを恐れる。でもこの時間は目を背けることも、誤摩化すことも、逃げることもできない。

師はその時に必要なものを私達に与えてくださる。博愛(カルーナ)によって私達を正しい道へと導いてくださる。

指導者である前に人間として「博愛(カルーナ)」の種をしっかりと育んでいきたい。

 

初めての土地名古屋にて誓う。

IMG_5521

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中