2018.2.3-5 セルフヒーリング講座@蒲郡(1)

「この三日間は、セルフヒーリングではない。セルフファインディングだ。」

 

自分を癒す為ではなく、自分を探す為の三日間。そんなマスターのお言葉で締めくくられたワナカムヨガスクール2018年の初となったワークショップ。

「Team Dog」というチーム名を頂き、愛知・蒲郡の3日間のワークショップもこれも3回目。遠方からの参加の方も、初めての参加の方も、そしてかおり先生率いる愛知・ガルーダのメンバーも、本当に暖かい一つの家族のように過ごす三日間。それがこのワークショップの特徴の一つでもあります。

 

「どこが痛いですか?」と聞かれると、「ここが痛い、あそこが痛い。」「こういう病気がある。」なんて次々とみんなが答える。そしてまた今回もマスターはそれぞれの身体の悩みに対処するワークやさまざまなアドバイスを教えてくださいました。

しかしながらここで一歩立ち止まって考える、「何が自分に痛みをもたらしているのか。」

それが分からない限り、痛みが一時的に緩和されることもあるかもしれないけれど、またきっとやってくる。痛みの根本的な原因を見つけ、それを手放さなければ痛みから解放されることはない。今までと同じ様に考え、行動していたのなら効果はきっと大して出ない。

 

ここでついつい出てきてしまう意思の弱い、小さな自分。「わかってる。だけど・・・」。「今の自分が持ってるものを手放したくない!生活習慣なんて変えたくない!だってこれが私なんだもん!」そんなこと言ってるから私はあっちこっち痛いんだろうなぁ。

そしたら今することは今の自分自身を捨てること。「えーでもさー」と延々と繰り返してしまうこのくだり。この負の連鎖を断ち切る為に必要なのは強い意思、ヴァイラギア。やると決めたらただただやること。それが今の私に必要なことだと改めて気づきました。

 

最終日に行われた「ディヤーナワナカム」と名付けられた瞑想。自分のマインドに改めて耳を傾けて見ると、私のマインドは未来に囚われていると気付きました。「あれをして、これをして。。。」と頭の中でひたすら並ぶTO DOリスト。そしてそれが予定通りに行かないと「あの時もそうだった!」と過去を引っ張りだしてイライラし、家族に八つ当たり。こうして自分が何を考えてどう思っているのか。自分自身と対話する。これがセルフファインディングであり、セルフヒーリングに繋がるのだなと思いました。

 

次回は是非家族を連れての参加して下さい。とのことでした。ますますメンバーが増えパワーアップし、成長していくTeam dogが楽しみです!dog1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中