2018.3.17 座・哲学講座 “ヨガスートラとバガヴァッドギータ”@京都(1)

 

座哲学講座“ヨガスートラとバガヴァッッドギータ

 

2018年2回目、関西で初の哲学講座。

ヴィジョンオブヨガ2018京都の2日目夜、130名もの方が日本各地から京都大乗寺に集まりました。

 

気がかりなこと、抱えていること。痛み、苦しみ。そんな日常を変えたくて、何かを学ぼうと皆さんは今夜ここまでやってきた。さて、今夜この大乗寺で、自分を空っぽにして、学ぶ準備はできている?

冒頭マスターからの問いかけ。

 

それが、チッタブリッティニローダハー。出来ている人は、おめでとう、今夜の学びは終わりです!

のっけから茶目っ気たっぷりのマスターのポジティブシャワーに、会場は笑顔に包まれました。

 

ヴィジョンや各地のWSでも何度か耳にしたことのある先人の教え。

知っている、は実践で生かされなければ、ただの情報に過ぎず、生かされてこそ、知識は知恵となる。知恵として使われて、初めて教えは学びになる。

 

何度も何度も教わっているのに、まだまだまだまだ、ただの情報なんだな、分かっていないってことが、ようやくわかるようになってきたのかな。

分かるはいいこと、分からないは悪いことと色付けして、とかく落ち込みがち。やっぱりここでも二重性のクセが出てしまう。分かってなかった今の自分も、ありのまま受け止めて、あははと楽しもう。

 

不安や恐怖は、過去や未来に生きているから。内側にいる神様が自分に必要なことを経験させてくださっている。だから、何があっても、そのことその瞬間を楽しむ。

 

思考は本来川の流れのように本来浮かんでは消える性質のものなのに、頑なにしがみついて、自ら身動きが取れなくなってしまう。デモ~、ダケド~と、手放さない理由を見つけるのではなく、手放せると信じ、まずはどんなかやってみよう。

 

京都ヴィジョン中の、どこか穏やかな、どこか熱を感じる空気感の中で、今夜この場所で仲間と学ばせていただけることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

ありがとうございました。FB_IMG_1526718075551

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中